長く活躍する人は意外と「謙虚でナルシスト」

外資系でつぶれない人に共通する資質

この連載もめでたく1周年を迎えまして、3週間に1回という微妙な連載周期にもかかわらずみなさま、ご愛顧ありがとうございます。

今後とも変わらぬどうのこうのよろしくお願いいたします。

しかし、この1年というもの色々ありました。

めでたくこの連載も本として出版させていただいたり、彼氏が突然仕事をやめてバックパッカーになって別れたり……。

バックパッカーって何!? 職業!?

つまりは、この1年でこの両手に残ったものは、

貯金です。

うふふ!! さあ、いつもどおり人生頑張っていきましょう!

日系大企業に入ったら、ロープを離すな!

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
 
ブログをお引越ししました!がんばって更新中!よかったら見てみてね☆

さてはて、混迷が続くこの世の中、昔と違い転職する人の数も増えてきたのではないでしょうか。日系、外資系どちらがいいかということは申しませんが、日系大企業に入社することができたなら、

そのローブを離すなぁ!!!!!

と叫びたい気持ちです。

日系企業のいいところは、雇用が安定していること、そして社員の教育がしっかりしているため、長期的なキャリアが組みやすいところではないでしょうか。

それに対して、外資系企業は、給料が高い代わりにすぐに解雇されるという雇用の不安定感があり、「チャンスは与えた、あとはお前の能力で頑張れ」という強い丸投げ感があります。

私も転生できるのならば、お金持ちのおうちに生まれて帰国子女になって日系大手金融機関に就職したいものです。でもこの今の生で、こんなに苦労しているのは、きっと前世でお坊さんでも殺したんだと思います。

日系企業から外資系企業に転職すると、丸投げ文化にみな戸惑っているように思えます。

昔、外資系投資銀行に勤めていた時、

日系大手商社から転職してきた慶應ボーイが、外資系25年の化け物のような秘書さんに、

「何が言いたいかわからない」

となどとつめられているのを見て、

うーん、外資あるあるぅ

と思ったものです。

次ページ外資系で働いていける人間の絶対的条件のひとつは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2019<br>信頼される会社は?

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、3回目のトップに。SDGs(持続可能な開発目標)など社会課題の解決で順位を上げた企業が目立った。