社内政治に強い人が押さえる3人のキーマン

同僚や上司に頼ってはダメ!

こんにちは!ずんずんです!

先日ボロボロになりながら早めの夏休みをいただき、日本に一時帰国した私ですが、

日本は気候はいいわ

寿司はうまいわ

あたし、何のために海外で働いてるんだろう……。

シンガポールのいいところなんて、

一年中スイカを食べれることぐらいよ……。

軽くホームシックにかられながら、今日もがんばりたいと思います。

帰りたい……。

休暇明けに自分の席がなくなっていた!

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
ブログも更新中!よかったら見てみてね☆

さてはて、日系企業に比べて意思決定の早い外資系企業では、休暇明けに

自分の席がなくなってた

なんてことも「あるある」です。幸いなことに、休暇明けの私の席はまだありましたが(涙)、

隣の部署がまるっとなくなっておりました。

怪談より怖かったですよ……(震)。

さてはて、この部署の「お取り潰し」、なにも今日昨日に決まったものではありません。

実は数カ月前から決まっていたことであり、実行日がたまたま私の休暇中だっただけです。数カ月前かちらほら聞いていたけど、実際に行われた、という感覚のほうが近いでしょうか。

そのうわさをいち早く聞きつけて異動届を出し、無事リストラを逃れた人もいます。

次ページリストラを逃れた人との差はいったい何?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。