社内政治に強い人が押さえる3人のキーマン

同僚や上司に頼ってはダメ!

このリストラを逃れた人と逃れられなかった人の差はなんでしょうか。

能力がある、上司に気に入られている……。

いろいろな要因が考えられれますが、いちばん大きく貢献したのは
持っている情報量の多さではないでしょうか。

会社では、「言われていること」「言われていないこと」その情報すべてをどう使うかが、社会人人生を左右するといっても過言ではありません。

ではどうやって、会社の中で効果的に情報を収集していくか?

今日は、そんな外資系で生き残るための社内情報戦争の勝ち方をご紹介したいと思います☆

引き継ぎでも正しい情報が共有されない!?

外資系企業では、情報が共有されにくい傾向があります。これは仕事の引継ぎにおいても当てはまります。

ブログも毎日がんばって更新中!

これは私が外資系投資銀行に勤めていた頃、50代のスルメみたいな女性から仕事の引継ぎを受けていたときのお話です。

複数の方から仕事を引き継いでいたのですが、彼女から引き継いだ仕事だけ、私はことごとく間違ってしまい、マネージャーによくしばかれていました。

「なんで間違ってしまうのだろう」と考えていたのですが、よくよく考えてみると、この女性は、わざと私が間違えるように仕事を教えていたことに気が付きました。

なんというクソババア

それに気づいた私は、彼女から仕事を引き継ぐ際には、細心の注意を払うようになりました。

さてはて、このように社内では「正しい情報」と「正しくない情報」を与えてくれる情報提供者がいます。できることなら「正しい情報」を与えてくれるキーパーソンを押さえたいものです。

では、そのキーパーソンとは誰なのか?

まず、同僚が考えられますが、同僚はダメです。

つねにライバル関係にあり、表面では笑いあっていても相手にとって有利になるような情報や、自分にとって得となる情報は決して漏らしません。

上司も考えられますが、上司はもっとダメです。

上司と部下の関係は、つねに殺(や)るか殺られるかの関係にあります。

次ページ上司に期待してはダメ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。