社内政治に強い人が押さえる3人のキーマン

同僚や上司に頼ってはダメ!

上司が、いけすのコイに撒き餌をやるように、部下に何かを教えてくれるということはまずありません。

むしろ、部下が上司に気に入られるために、上司が必要とする情報を上納しなければならないのです。

ここで言うキーパーソンとは

①偉い人の「秘書様」
②違う部署の「ちょっと偉い人」
③違う部署の気立てがいいけど仕事はイマイチな「デキないさん」

 

になります。

人に好かれるって大変ですね…

まず、『①偉い人の「秘書様」』です。

これは外資系企業の7不思議のひとつなのですが、(あとの6つは知りません)外資系の偉い人の秘書というものは、その偉い人が転職するたびにくっついてきます。

つまり、Aさんという人がなんちゃら投資銀行から、うんちゃら投資銀行に転職する際に、Aさんの秘書Bさんも一緒に転職するのです。

なぜでしょう。わかりません。めっちゃ仕事ができるのか、上司の弱みを握っているのかどっちかでしょう。

この秘書の方は、偉い方と業界をわたり歩いていますので、影番みたいなものです。秘書様は業界のことはもとより、会社のネットワークをすべて押さえています。

逆に言えば、秘書様に嫌われてしまえば、業界でも生きていけなくなるので気を付けたいものです。

秘書様はゴシップを糧に生きているので、こちらもゴシップを提供すれば、喜んで情報を共有してくれるでしょう。

そういえば、バンカーの男性が、秘書様に好かれるためにバレンタインデーの日には逆バレンタインと称して毎年、バラの花束とチョコレートを渡していました。

人に好かれるって大変。

次ページそれは罠です!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。