社内政治に強い人が押さえる3人のキーマン

同僚や上司に頼ってはダメ!

つぎは『②違う部署のちょっと偉い人』です。

役員クラスとまではいきませんが、マネジャークラスのほうがいいでしょう。部署が違うので直接の利害関係がないため、相手も気楽に心を開いてくれます。時として、

「どう? うちの部署に異動してこない?」

などと声を掛けてくださる場合もありますが、気を付けてください。

それは罠です。

一度異動してしまえば、このいい関係は一瞬で崩れ去ることと考えられます。

やはりおいしいところだけ吸っていきたいものです。

偉い方はやはり持っている情報量が多いです。

そして他部署では、どうってことない情報が自分の部署では超重要だったりしますので、ここは面倒くさくても飲みにいくことをおすすめします。

おっさんの自慢話を聞くのもOLの仕事のひとつなのよ……。

思わず吸えないタバコをふかしたくなるものです。

いや私はタバコは吸いませんが。

デキないさんは持っている情報量が多い

そして、最後は『③違う部署の気立てはいいけど仕事はイマイチな「デキないさん」』です。

実力主義の外資系企業の中で、仕事ができなくても生き残っている……。もうこれだけでこの人は何か持っています。

このデキないさんは人間性が優れていることが多いです。

外資系企業は毎日が「切った張った」の世界です。だました・だまされた、そんな繰り返し。大変、殺伐としています。

仕事ができない人は、同じ部署にいたらたまったもんじゃありませんが、他部署なら話は別です。

人は時としてオアシスを求めるかのごとく、デキないさんの周りに集まってきます。

そのため、デキないさんは持っている情報量が多いのです。

また自分の部署で迫害にあっているため、デキないさんは他部署の人間にはすぐに心を開きます。

優しくしてあげてください。

デキないさんは根が誠実なため、他人の悪口は言いません。そして、相手が必要とすることはすぐ教えてくれます。

これがデキないさんなりの外資系企業での生存戦略なのかもしれません。

またこれ以外で、このほかに役員や社長クラスの人に好かれて情報戦を勝つ方法もありますが、これは少し危険かもしれません。

なぜなら驕れるものは久しからず、権力分布図など一瞬にして変わってしまいます。

本社様の鶴の一声で、日本支社のトップなどすぐクビを切られてしまったりします。

ヒラはヒラらしく、そんな偉い方のごたごたに巻き込まれないよう、
情報ソースもつねに分散して、リスクヘッジを図りたいものです。

といったところで今日は失礼します☆

あっ、そういえば最近、編集さんに脅されて……いや、あふれる情熱から死んでいたブログを毎日更新しております。よかったら見てみてね☆

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。