外資系社長が伝授する英語スピーチの心構え

文法の間違いを気にする必要はない

レノボ・ジャパン社長の留目真伸さんとの対談3回目。英語を話す際の心構えや、スピーチや雑談について伺いました。

レノボ・ジャパン社長の留目真伸さんにご登場いただくのもこれで3回目。今回は、英語を話す際の心構えをじっくり伺いました。スピーチや雑談の時にどう話を展開していくのかについても教えてもらっています。ぜひ参考にしてみてください!

1回目:「話せなくても英語の仕事を引き受けろ!

2回目:「英語を口にする心理的壁を乗り越えるには?

 

鉄則その4:細かい文法は気にせずしゃべる!

安河内: 肝心のスピーキングについてさらに詳しくお話を聞かせてください。まず、日本の英語学習者の多くが感じることだと思うんですが、最初に英語で話すときって、照れませんでしたか? いくら仕事で使うといっても。

留目:まあ、照れますよね。

安河内:その照れとか恥ずかしさ、わざとらしいと感じるような点については、メンタル的にどうやって克服したんですか?

留目:仕事で使わないといけなかったので、そうそう照れてばかりもいられなかった。だから「文法が多少間違っていても、伝えていかないと話にならない」と割り切るようにしていました。

安河内:文法は少しばかり間違えてもいいから、伝えることを第一に考えろということか。これもまた、大切な鉄則ですね。

次ページ仕事を通じてわかったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。