来年こそやめたい!日本人的「ゆるふわ」会話

「そう思ったからそうしたんです」とな!?

こんにちは、ずんずんです。

この連載の過去記事はこちら

今年も残すところあとわずかとなりましたが、皆様どうお過ごしでしょうか。

私は今年も12月31日まで仕事ですが、そんなこと人類の歴史から見れば些細なことなのです…些細なことなのです…。

今年を振り返るに、皆様もいろんな達成や後悔があったかと思います。
オフィスで襲いかかるさまざまな不条理に「こんな会社辞めてやる!!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

日本企業がイヤだから外資系?

さてはて、よく「日系企業に体質が合わないので、外資系に転職したい」という相談を受けることがあります。

はて…?

日系企業の体質とは?

聞いてみると、「年功序列」や「若手が意見を言えない・若手の意見が採用されないところ」なのだそうです。

果たしてこれは正解なのでしょうか?現状に不満があると、人は会社の体制にその原因を求めてしまいがちです。もちろんイチ社員が会社の体制を変えるなんて土台、無理な話です。

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
 
ブログをお引っ越ししました! 頑張って更新中! よかったら見てみてね☆

環境を変えられないなら、自分を変えるしかありません。それができないと、外資系に転職しようが日系に転職しようが、どこに行っても同じ結果になってしまうでしょう。

日系企業にもいいところはたくさんあります。雇用が安定していたり、教育制度が充実していたりさまざまです。それでも、外資系というちょっと変わった社風の会社でチャレンジしてみたいというのならば、そんな人はいったい何をやるべきなのでしょうか?

もちろん英語力を高めたり、資格を取ったりやるべきことはたくさんあります。専門分野によって必要とされる能力も違うでしょう。しかしながらいちばん大切になるのは、

アウトプットとインプット方法の研鑽

ではないでしょうか。

次ページ主語!述語!目的語!全部!どれ!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。