来年こそやめたい!日本人的「ゆるふわ」会話

「そう思ったからそうしたんです」とな!?

次は、インプットの方法です。

ここでいうインプットとは自己投資のことです。

経験がないことを果敢に挑戦させてくれるほど外資系企業は甘くありません。今のキャリアの延長線上が自分の将来のキャリアになります。そのため、必要とされるのは深い専門知識と経験です。

会社から「してもらう」のではない!

外資系企業では日系企業のように研修制度が充実していません。留学するにしても会社を辞めて私費留学する人がほとんどで、社費留学なんて夢のまた夢です…。

そのため、会社がお金を出してくれないのなら、自分で自分に投資していかなければいけないのです。

高い給料をもらっても、そのほとんどが自己投資に消えていくとは、これいかに…。

しかし、1度外資系に入ってしまうとマインドセットが変わり、これが当たり前になってしまいます。会社に何かを「してもらう」という依存心はなくなり、転職市場での自分の付加価値をどう高めていくか、そのために何が必要かを自然に考えるようになってしまうのです。

ここまで聞いて「きつっ」と思った人、もちろん、もうちょっと楽なキャリア設定はいくらでもあります。

ですが、ちょっと今の自分にくすぶり感を感じていて、

全力で働きたい

そんな人は2016年、外資系企業に転職してみるのもありかもしれませんよ!

といったところで今日は失礼します☆

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT