来年こそやめたい!日本人的「ゆるふわ」会話

「そう思ったからそうしたんです」とな!?

ここでいうアウトプットとはコミュニケーション方法のことです。

以前、日系企業の外部業者さんと仕事で話していると、相手方が「そう思ったからそうしたんです」とおっしゃられたことがあり、

もう!?!主語!述語!目的語!全部!どれ!?

と困惑したものです。

日本語はあいまいな言語なので、これでもコミュニケーションが通じてしまうので困りものです…。

外資系企業の場合、ゆるふわっとしたコミュニケーション方法では、往々にして上司に激ツメされます。

論理的かつ簡潔なコミュニケーションで効率性を高めることがよしとされるからです。

そのため、人に説明する時や質問する時に、自分だけがわかる言葉を無意識に使うのはご法度で、簡潔かつ論理的なアウトプット方法が求められるのです。

効率性ばかりを求めていくと、今度は「温かみ」というものが無くなってしまいますが、そこはまた、個人の力量が試されるところになるのかもしれません。

きつい一言も、どう受け取るかはあなた次第

外資系企業だと、上司にメールを送った際に、

「直せ」

などというきっつい1行メールが来ることが多々あります。こんな時、

「ひ…ひ、ひどい!!」

と傷つくか、

「そうか、この説明方法だと通じないのか」

と考えるかで、だいぶその後のコミュニケーション方法が変わってきます。

モラハラはもちろん許されるべきことではありませんが、相手が言ったことにいちいち傷ついていたら心を消耗してしまいます。

過敏に反応するよりも、アウトプットの受け取り方を変えてみる。相手が言葉の裏で「何を伝えたいのか」を考え、自分の何が足りないのかを知ることで、コミュニケーションの方法を改善していくほうが、ずっと合理的ではないでしょうか。

次ページ「してもらう」は当たり前?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT