来年こそやめたい!日本人的「ゆるふわ」会話

「そう思ったからそうしたんです」とな!?

ここでいうアウトプットとはコミュニケーション方法のことです。

以前、日系企業の外部業者さんと仕事で話していると、相手方が「そう思ったからそうしたんです」とおっしゃられたことがあり、

もう!?!主語!述語!目的語!全部!どれ!?

と困惑したものです。

日本語はあいまいな言語なので、これでもコミュニケーションが通じてしまうので困りものです…。

外資系企業の場合、ゆるふわっとしたコミュニケーション方法では、往々にして上司に激ツメされます。

論理的かつ簡潔なコミュニケーションで効率性を高めることがよしとされるからです。

そのため、人に説明する時や質問する時に、自分だけがわかる言葉を無意識に使うのはご法度で、簡潔かつ論理的なアウトプット方法が求められるのです。

効率性ばかりを求めていくと、今度は「温かみ」というものが無くなってしまいますが、そこはまた、個人の力量が試されるところになるのかもしれません。

きつい一言も、どう受け取るかはあなた次第

外資系企業だと、上司にメールを送った際に、

「直せ」

などというきっつい1行メールが来ることが多々あります。こんな時、

「ひ…ひ、ひどい!!」

と傷つくか、

「そうか、この説明方法だと通じないのか」

と考えるかで、だいぶその後のコミュニケーション方法が変わってきます。

モラハラはもちろん許されるべきことではありませんが、相手が言ったことにいちいち傷ついていたら心を消耗してしまいます。

過敏に反応するよりも、アウトプットの受け取り方を変えてみる。相手が言葉の裏で「何を伝えたいのか」を考え、自分の何が足りないのかを知ることで、コミュニケーションの方法を改善していくほうが、ずっと合理的ではないでしょうか。

次ページ「してもらう」は当たり前?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT