なぜ中高の「部活動」は"強制"になったのか?

子どもたちも先生も疲弊している!

――昔、そのやり方で練習して成果を上げてきた指導者は、やっぱり同じやり方で指導したくなるんでしょうか。

でも今は、プロもみんな「休養こそがアスリートを強くするんだ」って言っているんですけれどね。シーズンのオンとオフもあるし、1週間のなかでも3日練習したら1日休む、2日練習したら1日休む、というのを繰り返していくのがいいとされている。

日本の学校では、本気で強くなりたい人も、そうじゃない人も、ダラダラと朝から晩まで、土日も含めて練習するっていうね(苦笑)。考えなきゃいかんところです。

部活動の今後は?

――これから部活動は、どうすればいいんでしょうか?

外部化もある程度進めて、頑張りたい子はそっちで頑張る。そして部活動はもっとゆるやかにしていく、という分担にするのが、マシなやり方じゃないでしょうか。

部活動は週3日程度にして、「子どもたちがスポーツや芸術活動を楽しむ時間」という設計にしていかないといけないのでは。長期的には、僕はそういった展望をもっているんですけれど。

理屈だけで言えば、「週6、7日やっているのを、半分にするだけ」ですから、簡単にできるんですよね。

――そうですよね。先生たち、そうすればいいのに。やはり壁は、保護者ですか……?

それもあるでしょうね。「週3日にします」って言ったら、保護者はまず、大反対でしょう。本当はもっと、昔の草野球みたいな感覚で、ゆるくできるといいと思うんですけれど。

――最後に読者を代表して、どうしてもお尋ねしておきたいことがあるのですが、内田先生のトレードマークともいえる、その“金髪”には、何かこだわりがあるんでしょうか?

最近、ほんとに、よく聞かれるんですよ(笑)。いろんな理由があるんですけれど、最近人から言われて「なるほど!」と思ったのが、これをやっておくと「避雷針」になる、っていう。

――避雷針って、雷を避けるやつですよね??

それです。僕は「二分の一成人式」とか「組体操」とか、みんなが「いい」というものに対して水をさすことをやっているので、よく叩かれるんですね。「あの金髪がー!」とか言われるんですけれど、ある方が「それでいいじゃん」と言ってくださった。「そこ(金髪)に関心がいくから、ほかのところに(矛先が)いかないだろ」と(笑)。もっと内面を攻撃されるとかね、そういうのに比べたら確かにいい。

次ページトレードマーク、“金髪”の始まり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!