「ロボット教育」は、子どもをどう伸ばすのか

世界大会で優勝した奈良の中学校で聞く

奈良教育大学付属中学校のロボット教育の現状は?
2014年、ロシアのソチで開催されたロボットの世界大会である「WRO(World Robot Olympiad)」。世界50の国と地域から、約3万人の生徒が参加したこの大会で、日本勢で初めて優勝した中学校がある。国立奈良教育大学附属中学校だ。
これまで10回以上参加し、やっと勝ち取った優勝だ。近年は同校の科学部目当てに入学する生徒も少なくないという。実際に部活の風景を見ると、どの生徒もロボット制作に熱中しており、先生がやらせているという雰囲気ではなかった。
どうしてロボットを教育に取り入れようとしたのか、子どもたちにどのような成長が見られるのか。科学部を指導する葉山泰三教諭に話を聞いた。

――IT教育がすごく進んでいるという印象を受けました。

実は、奈良のIT教育は全国でいちばん遅れている部類に入ります。昨年8月に文科省が発表した調査では、教育用コンピュータ1台あたりの児童生徒数は全国平均が6.5人に1台に対し、奈良は約7.5人に1台と遅れを取っています。

教員の校務用コンピュータ整備率についても68.0%と、全国で最低です。付属中では、2013年度からIT教育推進のために富士通と共同プロジェクトを3年間実施していて、キーボードの取り外しができて、ノートパソコンとしてもタブレットとしても利用できるタイプを150台、iPadを120台導入しています。全校生徒が479人なので、約1.7人に1台です。

私は授業では技術家庭科を担当していて、ロボット制御の授業を行ったりしています。また、奈良教育大学と連携し、効果的なロボット教育の実践を試行錯誤しているところです。部活動である科学部の指導については、今年で6年目になります。

次ページなぜ世界で勝てたのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT