どんな大学からでも上を目指すことはできる

周りの人たちに流されてはいけない

将来は仕事で上を目指したいが、周りに一緒に夢を目指せるような友人がいません(写真 : tooru sasaki / PIXTA)
いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。
→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

前回のQ&A 「つるむ人たち」と、どう付き合うべきか

前々回のQ&A 「水商売」を離れるためにはどうするべきか

【キャリア相談vol.59】なぜ、みんなは上を目指さないのでしょうか?
中堅レベルの大学に通っています。自分には安井さんのように、将来、仕事で上を目指したいという野望がありますが、周りにそのことを言うと「無理でしょ」といった反応が返って来ることが多く、一緒に夢を目指せるような友人がいません。
夢を語るのはおかしなことではないと思いますが、なぜ、みんなは上を目指さないのか不思議でなりません。それとも自分が仕事を甘く考えているのでしょうか。安井さんの周りは当時どんな感じで、またどのようにモチベーションを維持していたのでしょうか。
大学3年生 けーすけ

 

けーすけさん、あなたすばらしい考えをお持ちだと思います。

世の中、けーすけさんのような大学生に限らず、大学や会社などの自分が所属する組織によって自分自身を定義してしまう人と、所属組織にかかわらずあくまでも個人として自分自身を定義する人がいます。

結局、自分自身の限界は自分自身が作り出すものでしかありません。所属する組織のレベルや限界が自分の限界だと思ってしまえば、当然それよりも上にいくことはできません。なぜならば、自分が作り出した架空の限界を上限とした努力や考え方しかしなくなるからです。反対に自分自身でハードルを高く設定をして、口だけでなく行動に着実に移せるのであれば、可能性は十分にあるのだと思います。

そのための考え方や方法論などは拙著『非学歴エリート』などを参考にしていただければと思いますが、大事なことは、戦う前にリングを降りる必要はまったくない、ということです。やり方次第では勝てる、と。

世の中を読む少しの力と、努力する方向性と優先順位を間違わなければ、まだ大学生ですから、今後、誰にでも何にでもなれます。したがって、学歴のいかんによらず、キャリア上で才能が開花することも十分可能なわけです。

次ページなぜ、みなが上を目指さないのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT