汗をかいても痩せない「夏太り」4つの原因

タイプに合った「食事ケア」を押さえよう

■原因3:代謝ダウン

猛暑の中を通勤・外回りする一方、屋内では冷房が効いているので、この時期は1日の間に10℃前後の温度差を経験することになります。そのため、体のエネルギーが消耗し、自律神経が乱れ、人が本来持っている「基礎代謝力」が落ちていきます。

そうすると、飲んだり食べたりしたものの消化や代謝の機能も弱くなり、体脂肪として体内に蓄積、だんだんと太っていきます。

■原因4:冷え

冷房で体の芯から冷えてしまったり、冷たい食べ物・飲料で内臓が冷えたりすると、体脂肪の冷えにつながります。体脂肪は温度が上がると溶けやすく、逆に冷えると固まりやすくなります。固まった体脂肪は燃えにくい状態にあるので、いつしか「ぽっちゃり体型」になってしまうのです。

原因別!昼食に選びたいコンビニ飯

考えてみると、どれもビジネスパーソンの日常生活にありがちな生活パターンばかりですよね。原因別の対応食材やメニューを覚えて、体脂肪が体内に蓄積されない工夫を心がけるのが大切です。早速コンビニ飯でも探してみましょう。

〈みわ子流、夏太り対策のコンビニ飯!〉
●「糖質過多」系夏太りには
糖質カットは重要ですが、夏はただでさえエネルギーを消耗するので、カットしすぎには注意したいところ。適度に糖質を摂りつつ、一緒にビタミンB群を含むキノコ類、赤身肉やレバーも食べておきましょう。
→ レバニラ、冷やし肉味噌冷麺、盛岡風冷麺(チャーシュー入り)、ねばねばそば・うどん(なめこ入り)など
●「むくみ」系夏太りには
むくみは野菜や果物から摂取できるカリウムが足りていないのが原因の一つでしたね。野菜のたくさん入ったメニューを探してみましょう。
→ 冷やし中華、サラダそば・うどん、バンバンジー、春雨サラダなど
●「代謝ダウン」系夏太りには
生姜やわさび、唐辛子など、スパイシーなものを食べると代謝がよくなります。コンビニには夏野菜カレーやピリ辛メニューも揃っているので、“辛い物”をキーワードに探してみましょう。
→ カレーライス、担担麺、キムチメニュー、冷やしピリ辛肉そばなど
●「冷え」系夏太りには
冷たい食べ物でも、香味野菜や根菜は体を温める効果が期待できるので、取り入れてみましょう。冷房の効いた屋内で過ごす時間が長い方は、思い切って温かいメニューを選んでみてください。
→ ゴボウサラダ、さといも煮・さつまいも煮、彩り豆サラダ、温かい麺類(冷たいものなら、わさびや生姜、大葉などの香味野菜をプラス)

 

猛暑シーズンは日の落ちた帰宅時間も暑く、熱帯夜になることも多いですが、日中冷房に当たっていると、意外と体の芯が冷えているもの。帰宅後は夏でもシャワーで済まさず、湯船につかるなどして、なるべく食事以外のケアも大切にしてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT