熱帯夜にも快眠をもらたす「調整メシ」とは?

ポイントは体温を「上げてから下げる」こと

毎日ぐっすり眠れていますか?(写真:naka / PIXTA)

今の時期は熱帯夜が続き、疲れているのに眠れない夜を過ごしているビジネスパーソンが少なくないでしょう。

不眠症に悩まされると、昼間の仕事中に睡魔が襲ってきたり、集中力が続かなかったり、何かと悪循環が続きます。この不眠症サイクルから抜け出す「調整食」はあるのでしょうか?

快眠の秘密は「体温」にあった!

人が眠くなっていく過程には、実はあるパターンがあります。そのカギになっているのが「体温」です。日常生活で眠くなるタイミングを思い出してみましょう。睡魔は疲労や満腹感によるものと思われがちですが、そこには「体温の上昇と低下」というカラクリも隠れているのです。

朝の通勤や、昼間の外回りからオフィスに戻った時、猛暑から一転して、涼しい環境に入ります。この直前まで、人の肌表面も体内も、温度が高めの状態です。そして室内に入ると、皮膚から冷気を感じて、だんだんと体温も下がり始め、心地よくなってきます。

そしてこの時にこそ、睡魔が襲ってくるものと考えられています。オフィスに戻ったとたん、「しばらく一休みしたい!」と思うのは、自然の摂理だったのです。

昼食後の睡魔にも同じことが言えます。人は食べるとエネルギー補給ができて、体温が上がるようにできています。食後20~30分経つと、満腹中枢が刺激されて食べる行為をやめ、しばらくすると体温が下がっていきます。この時に心地よくなって、眠くなるのです。

また昼食に血糖値を上げ過ぎた場合や、辛いものや熱いものを食べて、汗だくになってしまった時は、急激に体温も上がっているので、昼食後、数時間におよび「今日は眠くて仕方がない……」という状態に陥ることになります。

次ページこのカラクリを逆手にとると…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT