熱帯夜にも快眠をもらたす「調整メシ」とは?

ポイントは体温を「上げてから下げる」こと

毎日ぐっすり眠れていますか?(写真:naka / PIXTA)

今の時期は熱帯夜が続き、疲れているのに眠れない夜を過ごしているビジネスパーソンが少なくないでしょう。

不眠症に悩まされると、昼間の仕事中に睡魔が襲ってきたり、集中力が続かなかったり、何かと悪循環が続きます。この不眠症サイクルから抜け出す「調整食」はあるのでしょうか?

快眠の秘密は「体温」にあった!

人が眠くなっていく過程には、実はあるパターンがあります。そのカギになっているのが「体温」です。日常生活で眠くなるタイミングを思い出してみましょう。睡魔は疲労や満腹感によるものと思われがちですが、そこには「体温の上昇と低下」というカラクリも隠れているのです。

朝の通勤や、昼間の外回りからオフィスに戻った時、猛暑から一転して、涼しい環境に入ります。この直前まで、人の肌表面も体内も、温度が高めの状態です。そして室内に入ると、皮膚から冷気を感じて、だんだんと体温も下がり始め、心地よくなってきます。

そしてこの時にこそ、睡魔が襲ってくるものと考えられています。オフィスに戻ったとたん、「しばらく一休みしたい!」と思うのは、自然の摂理だったのです。

昼食後の睡魔にも同じことが言えます。人は食べるとエネルギー補給ができて、体温が上がるようにできています。食後20~30分経つと、満腹中枢が刺激されて食べる行為をやめ、しばらくすると体温が下がっていきます。この時に心地よくなって、眠くなるのです。

また昼食に血糖値を上げ過ぎた場合や、辛いものや熱いものを食べて、汗だくになってしまった時は、急激に体温も上がっているので、昼食後、数時間におよび「今日は眠くて仕方がない……」という状態に陥ることになります。

次ページこのカラクリを逆手にとると…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。