「微意識」でステキ! 残暑の簡単クールビズ

クールになりきれない上司、いったいどこがNG?


8月も後半に入りました。盛夏のうだるような暑さに耐え、疲れがたまっている方も多いことでしょう。まだまだ真夏日になる所はありますが、もう少しの我慢です。何とか乗り切りましょう!

さて猛暑、酷暑といわれるこの夏、ちょっと気になるのが男性上司たちの服装や髪型です。環境省がクールビズを提唱して、まもなく10年。すっかり浸透してきているようには思えるのですが、実はラフなスタイルほどセンスが問われるものなのです。

今日はクールになりきれない上司にクールビズについて聞きながら、いったいどこがNGなのかを探っていきたいと思います。

上司「こだわり? ただネクタイ外すだけだよ。あ、シャツは半袖。だって涼しいから」

半袖シャツの上司は部下になめられる?

このように考えている方は実は多いのではないでしょうか? しかし多くの女性たちの目からすると、ただネクタイを外すだけではNGのようです。

私が主宰をする営業部女子課の女子たちによれば、「カッコいい人は半袖シャツではなく、長袖シャツをミラノのちょい悪おやじみたいにまくっています」や「ただのYシャツではなく、ボタンダウンなど動きのあるものを着ているとすてきですね」とのことです。

アメリカでベストセラーになった『ドレス フォア サクセス』の著者でイメージコンサルタントのジョン・モロイの調査によると「管理職が半袖シャツを着ている会社では、そうでない会社に比べて、スタッフの遅刻が12%多く、昼食から遅れて帰ってくる率も13%多かった」そうです。

半袖シャツの上司にはパワーを感じず、軽く見られる傾向にあるのでしょうか。まさに半袖、恐るべし! ですね。

次ページ素人に「ファッション誌そのまま」は無理
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT