猛暑到来!ベタベタ皮脂分泌を抑える方法

過剰分泌には「あの食材」で対策できる!

毎日暑い日が続き、体のベタベタ、肌のテカりに悩む方も多いはず(写真:Bull / PIXTA)

夏本番は汗による体臭とともに、肌のベタつきも気になる時期ですね。ビジネスパーソンの身だしなみとして、顔がテカってしまうのは避けたいところ。この肌のテカりやベタつきは皮脂によるものですが、体内から分泌されにくくなる食事法はあるのでしょうか?

本来、皮脂は外部の刺激から肌を守るための保護膜。悪いものではありませんが、これが過剰になりベタついてしまう原因がいくつかあります。

ベタつき&テカりの主な要因は?

もっとも大きな要因は、肌サイクルの乱れ。皮膚は、新しい細胞が古い細胞を内側から表面に押し出すことで生まれ変わります。このサイクルは約28日とされており、これを「ターンオーバー」と言います。この28日周期のターンオーバーが乱れてくると、皮脂が過剰分泌されてしまうのです。

これを引き起こす要因として、ビタミンA不足が挙げられます。ビタミンAが不足してくると、肌や粘膜の保湿・バリア機能が低下します。この働きを補おうとする過程で毛穴のターンオーバーに異常が起きてしまい、顔や背中など、皮脂腺が多い部分の肌がギトギトしてきます。

また毛穴がつまって出口をふさがれると、皮脂とアクネ菌が交じり、吹き出物になってしまうこともあります。若年層のビジネスパーソンは、この吹き出物(ニキビ)に悩まされている方も少なくないでしょう。

そして、もうひとつ気をつけたいのはビタミンB群の不足。皮脂の分解がスムーズにいかなくなり、過剰分泌の原因になりえます。

次ページ何を控え、何を補うべき?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。