午後、睡魔に襲われないためのランチとは?

やる気が出ないのは炭水化物のせいかも

 「コンビニ飯は不健康!」「コンビニ飯が続くと罪悪感が……」とあきらめてしまっている方、印象だけで決めつけてはもったいない! この連載ではシニア野菜ソムリエの丸田みわ子氏が、毎回テーマに沿ってコンビニ飯の上手な選び方を紹介します。今日は「ランチ後眠くなって仕事に集中できない!」というあなたへ。
ランチ後はあくびばかり出て仕事に集中できないという方。それはあなたの怠け心ではなく、ランチに原因があるかもしれません(写真:相沢和希/アフロ)

ランチ後、睡魔に襲われて、仕事が捗らないことに悩むビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? それは、あなたが怠惰なわけでも、ダメ人間なわけでもなく、食べ合わせの問題かもしれません! ランチでは何を食べれば、睡魔から解放されるのでしょうか。コンビニメニューから考察してみましょう。

ランチ後の睡魔は「低血糖」の仕業かも

ランチ後に睡魔が襲ってくるのは、ある意味、自然の摂理です。「食べる」という行為の後には、体温や血糖値が適度に上がり、食後しばらくするとこれらがだんだん下がっていきます。その過程で、人は心地良く、眠くなってしまうそうです。夜であれば安眠効果に繋がってありがたいですが、ランチの後は仕事が捗らず困ってしまいますよね。

この体温や血糖値が“緩やかに”上がって下がる場合は、睡魔はそう長くは続きませんが、なかなか眠気が解消されないときは、「低血糖」に陥っている可能性があります。

低血糖は血糖値の“乱高下”によって起こります。血糖値は急激に上がると、その後急激に下がってしまいます。仕事などで神経を集中させるためには、再度血糖値を適度に上げなくていけませんが、これがそう簡単にはいかないのです。血糖値が低いままの状態が続いてしまうと、集中力も戻ってきません。

次ページ避けるべきもの、食べるべきもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング