心を整えたいなら「階段を上り下り」しなさい

自律神経研究の第一人者が勧める

体がダルい日、なかなか調子が戻らないときには、「今日って、尿の回数は大丈夫かな?」と思い返してみてください。おそらく尿の回数が減っているはずです。

そして、トイレへ行って用をたしたときには、必ず色をチェックします。体調が悪く、脱水気味のときには濃い色の尿が出ます。濃い黄色だったり、どす黒くなっている状態です。

そんなときには、とにかくたくさん水を飲んでください。

水を飲んでは、トイレへ行って尿を排出する。それを意識的に繰り返していれば、だんだんと尿の色は薄くなり、最後はほとんど透明の尿が出ます。

その状態になれば、かなり体の不調は治まっているはずです。

ついでに言うと、お酒を飲んでいるとき、すでに脱水は始まっているのでお酒と同じ量の水を飲むことをオススメします。

自分の許容量以上のお酒を飲むと気持ちが悪くなりますが、その要因のひとつは脱水です。脱水によって血圧が下がり、胃腸の働きも悪くなっているので、胃酸が必要以上に多く出て、気持ち悪くなるのです。

お酒を飲むとき、体調が優れないときには、意識的にたくさん水を飲む。簡単なことなので、ぜひ覚えておいてください。

自分に合う「リフレッシュ法」を見つける

最後に「リフレッシュの仕方」についても触れておきます。よいリフレッシュを実践してこそ、1日の中での集中力を一定に保つことができるからです。

まず大前提として、人間の集中力はそれほど長く続かないということを理解しておいてほしいと思います。長くても90分経過すると、集中力は格段に落ちてきます。その状態になる前に、早めに休憩をして、体の状態を整えることが大事です。実際には1時間に1度は休憩することをオススメします。

デスクワークが中心の人は、やはり「動くこと」が大事。同じ姿勢で居続けると血流が悪くなり、コンディションも乱れてくるので、階段を上り下りする、トイレまで行く、簡単なストレッチをするなど、物理的に動くことを意識してください。

また、好きな音楽を聴くと副交感神経が高まり、体がリラックスするというのも実験で証明されています。目を閉じて、1曲だけ好きな曲を聴きながら休憩するのもいい方法です。曲を聴かなくても、何も考えずに目を閉じる(いわゆる瞑想をする)だけでも体の状態は整います。

目を閉じて1〜2分瞑想するだけなら、どんな職場でも可能ではないでしょうか。

ポイントは「疲れたから休む」のではなく、「体のコンディションを整えるために計画的に休む」ということ。この意識が重要です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。