エンジニアが欲しい米大学が出した「奥の手」

街ぐるみで対策に乗り出した

シアトルのハイテク経済の基盤を強化しようと「グローバル・イノベーション・エクスチェンジ」の新設を発表した、清華大学の邱勇学長とワシントン大学のアナ・マリ・コース臨時学長(写真:Ian C. Bates/The New York Times)

アマゾンやマイクロソフトの本拠地であるシアトル周辺は、テクノロジー産業の地としてアメリカでもトップクラスに位置する。しかし、この地域はある点でほかのテクノロジー産業地域から遅れをとっている。「研究大学(指導だけでなく研究にも重点が置かれる大学)」が、ワシントン大学1校しかないのだ。それに対して、テクノロジーで有名なほかの街には、最低でも2校は研究大学がある。

何年もの間、この弱点がシアトルの人々を不安にさせてきた。コンピュータ関連の学位を持つ人の数が足りないため、そうしたスキルに対する需要を満たせず、同地域の経済の妨げになるのでは、と考えられてきたのだ。マイクロソフトの最高顧問弁護士であるブラッド・フォード・L・スミスは、「高等教育に関して、われわれが相対的に不利なポジションにあることはずっと認識してきた」と言う。

中国の大学と組んで、来秋スタート

そこで、この地域のハイテク経済の基盤を強化しようと、シアトル学術界のトップと実業界のリーダーがある教育機関を新設する計画を発表した。名称は「グローバル・イノベーション・エクスチェンジ」。中国の有名な研究大学である清華大学とワシントン大学とのパートナーシップにより設立され、2016年秋に開校。テクノロジー・イノベーションの修士のプログラムからスタートする。

グローバル・イノベーション・エクスチェンジの設立にはマイクロソフトも協力し、4000万ドルを提供する。この資金の一部は、ワシントン州ベルビューの大型都市開発プロジェクトの中で行われる、同校の拠点の建設に充てられる。ワシントン大学のメインキャンパスから約16キロメートル離れたところでの開校だ。同校の教授陣はワシントン大学と清華大学から招かれる予定で、やがては同校がパートナーにしたいと考えているほかの国際大学からも招聘されるという。

次ページ短期的には解消しなくても……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT