エンジニアが欲しい米大学が出した「奥の手」

街ぐるみで対策に乗り出した

ワシントン大学は、グローバル・イノベーション・エクスチェンジの設立以外の方法でも、コンピュータ科学専攻の卒業生を増やそうとしている。先日、同大は1億1000万ドルかけて約1万2000平方メートルのコンピュータ科学棟を建設すると発表した。費用のうち1000万ドルをマイクロソフトが提供し、最大の寄付者となる。これにより、コンピュータ科学専攻の卒業生を、これまでの倍の年間600人にすることができるという。

グローバル・イノベーション・エクスチェンジは、最初は長期的な研究に集中せず、「プロジェクトベースの学び」にフォーカスする。つまり、学生は集中的に短期のプロジェクトに取り組む、ということだ。最初に学生たちが手掛けるプロジェクトは、ウェアラブル技術やモノのインターネットに関連したものとなる。

清華大学の邱勇学長は次のように述べる。「中国とアメリカは技術イノベーションに大きな強みを持つ。両国間での高等教育のコラボレーションは、世界中で科学と技術の進歩を促進し、社会の発展を促すだろう」。

ニューヨークではコーネル・テックが始動

グローバル・イノベーション・エクスチェンジは、コーネル・テック(コーネル大学の大学院のひとつ)に影響を受けた部分もある。コーネル・テックは、コンピュータ科学にフォーカスした新たなキャンパスをニューヨークのルーズベルト島に建設している。このプロジェクトにも、イスラエル工科大学という海外のパートナーがいる。また、テクノロジー企業とのコラボレーションも計画されており、その狙いのひとつは業界のトレンドに敏感に対応することだ。

コーネル・テックのダニエル・P・ヒュッテンロッシャー学長は、シアトルの大学院の創設にも期待していると語った。

グローバル・イノベーション・エクスチェンジの創設者たちは、アメリカでトップの工科大学であるMIT(マサチューセッツ工科大学)にならって、早くも同校を「GIX」とイニシャルで呼び始めている。彼らはときには「GIX」を「ギークス」と発音する。コースは言う。「今はギークス(コンピュータおたく)が強い時代だ」。

(執筆:Nick Wingfield記者、翻訳:東方雅美)
© 2015 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。