日立の高速鉄道、イギリスでの意外な評価

現地でイギリス人に聞いてみた!

2009年に英国内の高速新線でデビューしたジャベリン。日立にとってヨーロッパへの初めての完成品納入案件であった。しかし日立のブランド名を知っている人は少なかった

山口県にある日立製作所笠戸事業所から出荷された、最初の都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme/以下IEP)向けClass800量産先行車5両1編成が3月12日に英国のサウザンプトン港に到着した。クリア・ペリー運輸政務次官をはじめとして、多くの関係者を招いての到着セレモニーが催され、その様子は公共放送のBBCなど各局のニュース番組で報じられた。

Class800は、最初の12編成76両が笠戸事業所で製造され、残りの110編成790両は、現在ダーラム州ニュートン・エイクリフに建設中の鉄道車両工場(2015年夏頃完成予定)で製造される予定だ。

現地に工場を置き、雇用も創出

当初、英国以外の国で製造される車両を導入することは、英国内の雇用を奪うことになるとして反対する意見もあり、日立にとってはこの車両更新プログラムを獲得するうえでの大きな壁となっていた。だが、英国内に工場を置くことで雇用を創出するということもあり、この事業の獲得に成功した。

英国内で活躍する日立製作所の鉄道車両と言えば、2012年に開催されたロンドンオリンピックのメイン会場への足として、2009年より営業を始めた395系車両、通称「ジャベリン」が有名である。だが、それ以外にも目立たないところで日立の車両が活躍している。

ジャベリンと同じ、サウスイースタン鉄道で使用される近郊型車両465系は、製造当初より信頼性に多くの問題を抱えていたが、日立はこの465系の更新案件を受注、制御装置など足回り一式を日立製に交換した。その後、465系は故障もほとんどなくなり、品質の面で日立は高い評価を得た。

こうして着実に実績を積み重ねてきたことも、今回の大型案件を受注できた理由のひとつであろう。

次ページ日本製品の知名度はどのぐらいか?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。