非正規で働くママ、今ドキの託児事情とは?

働くためには認可外の施設が頼り

保育施設の整備を進める上では、パートや契約など、さまざまな雇用形態で働くワーキングマザーの声も取り入れる必要がある。(写真 : ercun / PIXTA)

パートや派遣、契約、フリーランス――。こうした非正規の形を利用し、働き続けるママも多い。しかし、悩ましいのは、やはり託児先問題。認可保育所は、フルタイムの正社員でさえ入りにくいご時世だ。「週3日のパート」など、労働時間が短いと選考基準となる指数が低くなるので、さらに入所は厳しくなる。そのため、“非正規ママ”は、認可外の施設を利用して働くケースが多い。

だが、働くママが増える中、地域によっては認可外の託児先も今や争奪戦状態。非正規ママの託児事情は、どうなっているのだろうか。

認定こども園に2児を預けるママの場合

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

都内某市の高校で非常勤講師として週3日働くAさん(35)は、長女(5)と次女(1)を、幼稚園型の認定こども園に通わせている。

長女が1歳の時に職場復帰が決まった。「非常勤で、競争の激しい1歳児を認可に入所させるのは難しい」(Aさん)と思い、こども園を選んだという。保育枠があり、直接申し込みができるからだ。入園前年の12月には、園長との口約束で入園が決まった。次女も昨年0歳で入園できたが、妊娠中から根回しをしておいたそうだ。

しかし、2015年4月1日から始まった「子ども・子育て支援新制度」により、こども園ではこうした「口約束」ができなくなった。働きたいママは、認可保育所と同様、自治体の「保育の必要性の認定」を受け、かつ選考に通らないと入園できなくなったのだ。

だが、Aさんの住む某市では、今年は自治体の配慮があった。保育枠を利用していた在園者が“ふるい”にかけられることはなかったという。希望者は全員、引き続き在園し、今までと変わらず子どもを預けて働くことができている。

次ページ短時間でもフルタイムでも問題は山積み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。