新幹線通勤ママが選んだ「家族の形」とは?

無理して東京に住む必要はありません!

通勤時間帯の新幹線でもほぼ座れる。「自分だけの時間が持てる」「オンとオフの切り替えができる」など、新幹線通勤は実は働くママにとってもメリットが多い(写真 : Ushico / PIXTA)
 

平山希さん(35)の住まいは、東京から約200キロメートル離れた長野県小諸市にある。職場は東京・西新宿。人材会社のネオキャリアで営業を担当している。

毎日、長野新幹線の佐久平駅から約1時間半かけて通勤。職種柄、朝は取引先に直行し、数社を回った後に夕方そのまま直帰することも多いため、自社に立ち寄るのは週1~2回だ。それでも、課せられた営業目標を毎月こなしてきた。

女性の多様なはたらきかたに関する詳細は週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

平山さんの1日はこうだ。朝、2歳の子どもを自宅近くの保育園に連れて行き、8時頃の新幹線に乗る。東京駅までの70分間は朝食を取ったりメールをチェックしたりして過ごす。

だいたい午前10時から1日に3~4件の営業先を回り、空き時間はカフェなどでパソコンを開いて仕事をする。17時ごろ東京駅発下りの新幹線に飛び乗ると、車内ではその日の仕事をまとめ、あとはのんびり過ごす。

佐久平駅に到着すると、保育園に寄って帰宅。自宅に着くのは19時過ぎだ。

夫が長野で起業

結婚前のことだ。同じ会社に勤めていた現在の夫が「地元に戻って起業したい」と言い出した。彼の起業には賛成だったが、まさか「長野で」とは思わなかった。平山さんはもともと、結婚しても出産しても仕事を続けたいと考えていた。長野に行って自分がやりたいと思える仕事が見つかるのだろうか。さんざん悩んだが結婚を思いとどまることはできない。

とりあえず平山さんは東京に住み、週末だけ長野の新居に通う「週末婚」の形で結婚生活がスタートした。

木曜日の終業後に、スーツケースを引きながら新幹線に乗り長野へ向かう。金曜日は在宅勤務。土日は新婚生活を満喫し、月曜日の朝に再びスーツケースを引きながら出社する生活が約2年続いた。そんな中、2013年に第1子を妊娠する。子どもができれば、この週末婚スタイルも続けられない。会社は辞めざるをえない。

次ページ高崎から通勤する金丸さんの場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT