産後うつを経験した4児の母の"天職"

子だくさんワーキングマザーの仕事論<3>

「産後のボディケア&フィットネス教室」で、産後女性たちを指導する吉田さん。生後3~5カ月の子どもたちは教室中央のキルトマットにゴロンとし、時に抱っこされながら、ママたちのハードなエクササイズが約1時間続く

3人以上の子どもを生み育てながら自身のキャリアを築いてきた”子だくさんワーキングマザー”を訪ねる連載。第3回は4児の母、産後セルフケアインストラクターの吉田紫磨子さん(43)だ。

女性の多様なはたらきかたに関する詳細は週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

ワーキングマザーは、キャリア構築の過程でさまざまな壁や課題に直面する。連載初回に登場した、5児を育てる事業家・菊地加奈子さんは、子どもを持ち起業することで、再就労を阻む社会の仕組みと対峙した。第2回に登場した資生堂の3児の母・上野朋子さんの場合は、両立生活における夫とのパートナーシップという悩ましい課題に奮闘中だ。

吉田さんの場合は“出産・育児・社会復帰”を通じて自己理解が進み、子育てや家庭を重視しながら社会とつながる働き方が明確に見えてきた。

ぼんやりとした将来ビジョン

エクササイズの後は参加者によるコミュニケーションワークが行われる。子どもにばかり意識がいきがちな産後ママたちに「自分」を主語に思いを語らせる

吉田さんは現在、産後女性のケア普及に取り組むNPO法人「マドレボニータ」の認定インストラクターとして、ボディケア教室を開講している。取材当日、吉田さんの「産後のボディケア&フィットネス教室」を訪れると、乳児を伴った母親たちがボールエクササイズで汗を流していた。アップテンポのBGMに合わせて、かなりハードに体を動かす1時間。指導する吉田さんの体のキレは誰よりも鮮やかだ。後半は参加者によるコミュニケーションワークを行い、約120分のプログラムが終了する。

「昔から運動すること、体を動かすことが苦手だった私が、今、この仕事に使命を感じていることに、あらためて不思議な気持ちがしています」

次ページ子どもを持ち、起業するまで
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。