男性も家事・育児をする社会を作ろうよ!

ある"ガチイクメン"からのメッセージ

子どもを産み・育てながら働きやすい社会を実現するには、女性だけでなく、男性がもっと当事者意識を持って、社会に発信していくことが必要だ。(写真 : msv / PIXTA)

「政府は少子化対策の一環として“すべての女性が輝く社会”と言うけれど、それはつまり“すべての男性が家事・育児をする社会”ということだと思います」

そう話すのは、博報堂に勤務する宮本英明さん(40)だ。

自らの育児や介護の経験をきっかけに、男性の育児参加、意識改革の必要性を感じるようになったと話す宮本さん。

宮本さんは妻と娘の3人家族。出張も多く忙しい毎日を送っていたが、妻が体調を崩したことにより3年前から家事を全面的に担当。2014年には休職し、妻のサポートのために家事、育児に正面から取り組んだ。

「休職中、家事など大変だったでしょうと言われたが、正直言うと、仕事をしないで家事などに専念できるのはありがたかった」と振り返る宮本さん。

“ガチイクメン”な毎日を送るなかで、次第に育児を取り巻く環境のおかしさに気づくようになった。

夫は何している?どこかおかしい育児環境

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

たとえば、娘の幼稚園のお迎えに行くと、園のママたちは「パパは仕事ばかりで帰りが遅い」とそろって夫の愚痴をこぼし、子供たちは土日も母親と遊んでいる。さらに祭りなど地域の行事も、参加している男性はシニア世代ばかりで父親世代の姿はない。一方で、幼稚園で少数派のワーキングマザーたちは、子供の送迎や病気時のお呼び出しなど、育児と仕事の間でギリギリまで追い詰められ、疲れ果てている。

「こうした子育て現場を目の当たりにして、(東京だけかもしれないが)日本の育児環境はなんておかしいのだろうと思いました」

妻の病状が安定し始めたことで、自分も復帰へ向けて仕事と育児・家事との両立のコツが知りたいと思い女性誌を開くと、誌面は“いかに仕事や家事を効率化するか”の記事ばかり。

「正直、地獄だと思いました。何もかも徹底的に効率化して頑張らなきゃいけないなんて、息もつけない」

何より気になったのは、この状況を当事者の女性同士で「お互い大変だ」となぐさめ、励まし合うことで乗り切ろうとしていることだった。

次ページ必見!夫が家事・育児をしたくなるコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。