男性も家事・育児をする社会を作ろうよ!

ある"ガチイクメン"からのメッセージ

子どもを産み・育てながら働きやすい社会を実現するには、女性だけでなく、男性がもっと当事者意識を持って、社会に発信していくことが必要だ。(写真 : msv / PIXTA)

「政府は少子化対策の一環として“すべての女性が輝く社会”と言うけれど、それはつまり“すべての男性が家事・育児をする社会”ということだと思います」

そう話すのは、博報堂に勤務する宮本英明さん(40)だ。

自らの育児や介護の経験をきっかけに、男性の育児参加、意識改革の必要性を感じるようになったと話す宮本さん。

宮本さんは妻と娘の3人家族。出張も多く忙しい毎日を送っていたが、妻が体調を崩したことにより3年前から家事を全面的に担当。2014年には休職し、妻のサポートのために家事、育児に正面から取り組んだ。

「休職中、家事など大変だったでしょうと言われたが、正直言うと、仕事をしないで家事などに専念できるのはありがたかった」と振り返る宮本さん。

“ガチイクメン”な毎日を送るなかで、次第に育児を取り巻く環境のおかしさに気づくようになった。

夫は何している?どこかおかしい育児環境

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

たとえば、娘の幼稚園のお迎えに行くと、園のママたちは「パパは仕事ばかりで帰りが遅い」とそろって夫の愚痴をこぼし、子供たちは土日も母親と遊んでいる。さらに祭りなど地域の行事も、参加している男性はシニア世代ばかりで父親世代の姿はない。一方で、幼稚園で少数派のワーキングマザーたちは、子供の送迎や病気時のお呼び出しなど、育児と仕事の間でギリギリまで追い詰められ、疲れ果てている。

「こうした子育て現場を目の当たりにして、(東京だけかもしれないが)日本の育児環境はなんておかしいのだろうと思いました」

妻の病状が安定し始めたことで、自分も復帰へ向けて仕事と育児・家事との両立のコツが知りたいと思い女性誌を開くと、誌面は“いかに仕事や家事を効率化するか”の記事ばかり。

「正直、地獄だと思いました。何もかも徹底的に効率化して頑張らなきゃいけないなんて、息もつけない」

何より気になったのは、この状況を当事者の女性同士で「お互い大変だ」となぐさめ、励まし合うことで乗り切ろうとしていることだった。

次ページ必見!夫が家事・育児をしたくなるコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT