自宅や職場に潜む「チリダニ」はこんなに怖い 季節外れの咳やくしゃみが気になるなら

印刷
A
A

人が室内で仕事や生活をするかぎり、チリダニがこの世から消えることはありません。身につけている衣服にだって、生息しているかもしれないのです。ただ、湿度の高いところを好むので、除湿や殺菌をすることである程度は被害を避けられるでしょう。

毎日洗濯できないスーツは、高温殺菌のためにこまめにプレスしたり、コンビニでも購入できる除菌スプレーで除菌しておきましょう。デスク周りのホコリも、自分専用の掃除グッズや除菌効果のあるウェットティッシュなどでお掃除するのがいちばんです。

粘膜強化と、解毒作用に注目!

そして体にアレルギー反応が出る前に、体内や皮膚の粘膜を健康に保ち、解毒作用のあるものを日頃から食べるようにしておきましょう。以下を参考に食事を選んでみてください。

<みわ子流、ダニアレルゲンに負けないためのコンビニ飯!>
■体内や皮膚の粘膜を健康に保つ栄養素は?
まずは、カラダの基礎となるタンパク質をお肉、魚介類、大豆製品などから摂取しましょう。そのうえで粘膜を健康に保つお手伝いをする食品は、緑黄色野菜のβカロテン、オリーブオイルやナッツのビタミンE、果物や野菜のビタミンC、そして赤身肉やレバー、濃い緑の野菜の鉄分などです。
■解毒作用のある食品は?
香味野菜(ネギ、玉ねぎ、にんにく、生姜、ニラ、パクチー)には共通して硫化アリルやアリシンといった解毒作用のある成分が入っています。ほかにスプラウト類(ブロッコリースプラウト、カイワレ大根、もやしなど)やブロッコリーに入っているスルフォラファンも解毒作用として注目の成分です。
■実際のコンビニメニュー例
・鉄分摂取サラダ
ヒジキ、水菜、ニンジン、豚しゃぶ、豆類など、鉄分が補給できる食材と、タンパク質、緑黄色野菜などが一緒にとれる理想的なサラダ。ドレッシングに玉ねぎや生姜入りのものを選べば解毒作用も期待できるでしょう。
・雑穀ご飯の彩ビビンバ
ビビンバには赤身肉やほうれん草から鉄分補給、もやしで解毒作用のあるスルフォラファン摂取、ニンジンからβカロテン、ゴマからビタミンE、赤身肉はタンパク源になりますし、ほうれん草からはビタミンCも摂れるので、理想的な栄養バランスです。
・鮭のバター醤油ご飯 + カイワレ入りサラダ
鮭と一緒にほうれん草やニンジン、コーンなども入ったご飯なら、鉄分やタンパク質、必要なビタミン類も一緒に摂取できますね。サラダはカイワレや玉ねぎが入っているものを。それらが入っていないサラダのほうがむしろ少ないので、探しやすいでしょう。

 

これらはほんの一例ですが、緑黄色野菜と香味野菜にタンパク質食材を組み合わせるだけでも、予防食、改善食につながっていきます。店頭でこのバランスを思い出して、選んでみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT