音大からIT企業の道を選んだハラミちゃんの胸中 追いかけ続けたピアニストの夢はいったん消えていた

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14
拡大
縮小
ハラミちゃん
2022年1月、武道館でのワンマンライブは初めて都庁でストリートピアノを演奏してから947日目に実現した。現在も「ハラミちゃん47都道府県ピアノツアー~特急ハラミ号、出発進行だぬ!~」の真っ最中で、来年の東京ファイナルまで5万人を動員予定だという(写真提供:harami_piano)
この記事の画像を見る(3枚)
楽しそうにピアノを弾いている姿が印象的な、ポップスピアニストのハラミちゃん。今やYouTubeのチャンネル登録者数は216万人、総再生回数は約6億5000万回を誇るが、一躍注目されたのは、2019年6月、ストリートピアノでの演奏動画がきっかけだった。その時点で、ハラミちゃんはIT企業の会社員、しかも休職中。
『脱会社員の選択』第12回は、現在、47都道府県すべてを巡るツアー真っ最中、2024年1月13日には東京ガーデンシアターでのFINAL公演が決定したハラミちゃん、その軌跡を追う。

【2023年8月22日9時30分追記】初出時、公演日程について間違いがありましたので上記のように修正しました。

小1で運命づけられたピアノの道

4歳のとき、先に習っていた兄を追いかけるように、通い始めたピアノ教室。早くから先生に見込まれたのか、小1にして音大受験用のテキストを渡されたほど、熱心に育ててもらった記憶がある。

音大に入ってピアニストになる、という夢が形づくられたこともあり、子ども時代は学校とピアノばかりの日々。土曜日は午後2時から10時までレッスン、平日のうち1日は電車で1時間をかけて別の先生のもとへも通った。

予定がない休日も家でずっと練習していたため、学校以外で友達と遊ぶ時間や、漫画を読んだり、映画を見たりすることは、ほとんどなかった。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT