休職中の彼女が"ハラミちゃん"になったキセキ 初めてのライブ配信はお客さんが来なかった

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14
拡大
縮小
ハラミちゃん
現在、全国ツアーで47都道府県すべてをまわっているハラミちゃん。テレビやイベントでも引っ張りだこだが、その道のりは決して平坦なものではなかった(写真提供:harami_piano)
この記事の画像を見る(4枚)
小1のころから音大を出てピアニストになる、という夢に向かって走り続けていたハラミちゃん。しかし憧れの大学への入学を果たせず、一時は音楽の道をあきらめ、IT企業へ就職した。新天地で苦労しつつも成果を上げたが、頑張りすぎてしまう性格が災いし、会社へ行けなくなってしまう――。
連載「脱会社員の選択」第13回は、その後、ポップスピアニストとしての道を歩み始めた、ハラミちゃんのストーリーです(今回は、前後編の後編です)。
前編:「音大からIT企業の道を選んだハラミちゃんの胸中

運命を変えた演奏動画

休職中、会社の人たちはそっとしてくれたようだが、一人だけ、気さくに連絡をくれた先輩がいる。2019年6月、その先輩から、誰でも弾けるストリートピアノが東京都庁にあるから行ってみないか、と誘われた。

ストリートピアノ、というものがあるなんて、それまでまったく知らなかった。ずっと外出していなかったけれど、「ピアノ」という言葉には無意識に惹(ひ)かれ、自然に行ってみようという気持ちになれた。

東京都庁の45階、南展望室には、誰でも自由に弾くことができるストリートピアノがある。名誉都民である草間彌生さんがデザインを監修した「都庁おもいでピアノ」だ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT