20代で「漁師を束ねる"ボス"」になった彼女の半生 なぜ魚を知らない素人が漁業の世界へ入ったのか

拡大
縮小
坪内知佳さん
ドラマ「ファーストペンギン!」の主人公のモデルとなった坪内さん(写真:『ファーストペンギン シングルマザーと漁師たちが挑んだ船団丸の奇跡』©︎畑谷友幸)
この記事の画像を見る(4枚)
女優の奈緒が主演を務めるドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系で10月5日スタート)は、山口県萩市・萩大島で、ひょんなことから漁師たちから頼まれ、“ボス”となった女性が数々の困難に立ち向かう実話から生まれた。主人公のモデルとなったのは、著書『ファーストペンギン シングルマザーと漁師たちが挑んだ船団丸の奇跡』を出版した坪内知佳さん(株式会社GHIBLI代表取締役)。なぜ坪内さんは、最初に海へ飛び込むファーストペンギンのように、勇気を持って挑戦を続けられたのだろう。

月給3万円で漁業の未来を担う

坪内さんは20歳で大学を中退し、結婚を機に山口県萩市へ移住。子どもを授かったものの、23歳で別居しシングルマザーになった。子育てと両立するために選んだのは、得意の英語力を生かした翻訳業。

あるとき観光協会の依頼で請け負った翻訳の仕事が縁で、旅館の経営者から改革を一緒にやってくれないかと頼まれた。「やらせていただけるなら」と引き受け、仲居さんの指導にあたっていたとき、旅館の宴席に出席していた萩大島の漁師、長岡秀洋さんと出会った。

萩大島は萩市の沖合8kmにある島で、人口約600人。ほとんどの島民が漁業に携わる漁師の島で、主に7〜8隻の船で船団を組み、巻き網漁を行っている。長岡さんは松原水産という船団の漁労長で、漁の指揮をとる現場監督のような人だった。

坪内知佳さん

ドラマの撮影現場訪問やメディア対応で上京した坪内さんにお話を伺った(筆者撮影)

漁獲量の減少、消費者の魚離れ、燃料代の高騰など、漁業は苦境に立たされている。萩大島も例外ではなく、危機感を持った長岡さんは何とかして打開策を見いだそうとしていた。しかし自分たちだけではパソコンを使えず、何をしていいかもわからない。

そこで偶然知り合った坪内さんに、一緒に生き残り策を考えてほしいと頼んだのだった。最初の約束は、月給3万円。半ば強引に頼まれたが、坪内さんは不思議と断る気持ちにはならなかったという。

「子どもに自分はどんな背中を見せられるだろうかとずっと考えていて……。まったく見ず知らずの業界だけれど、本気で島の漁業を変えたいと思っている彼らと一緒に挑戦すれば、私でも何かを残せるかもしれないとワクワクしました」

次ページ漁師たちの“ボス”になって
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT