58歳で脱サラ元記者が「小さな本屋」へ転身のなぜ

「長年の夢でも読書好き」でもなかったという

カウンターに立ち、お客さんがどのような本を買っていくのか、見届けるのが楽しみだと言う落合さん。Twitter(@ochimira)では毎日、最初に売れた本を「#今日最初にお買い上げいただいた本」とタグ付けして紹介している(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(7枚)

店主自ら選んだ本を並べ、多様なスタイルで営業する小さな本屋が人気だ。東京都台東区にある「Readin' Writin' BOOKSTORE(リーディンライティン ブックストア)」もその一つ。店主の落合博さん(63)は58歳で大手新聞社を退職し、この店を開いた。

退職目前、送別会の翌日、生まれて初めて髪の毛を金髪にした。以来、いろいろな髪色を試しつつ、京都のテキスタイルブランドが作るカラフルなシャツをまとって店頭に立つ。開店から4年、落合さんの表情は実に明るく、楽しげだ。

実は落合さん、本屋を開くのは長年の夢だったわけではないし、とくに本好きや読書家でもないそうだ。ではなぜ定年直前の58歳で会社を辞め本屋を開いたのだろうか。

65歳からの人生に思いをはせて

落合さんにとって、新聞記者は憧れの職業だった。読売新聞大阪本社、『トライアスロンJAPAN』を発行していたランナーズ(現アールビーズ)、毎日新聞社と渡り歩き、主にスポーツを担当。53歳からは論説委員として、社説を書いた。

この連載の一覧はこちら

しかし60歳で定年を迎え、65歳まで再雇用で働く人生を良しとするのかどうか。55歳を過ぎてから、考えるようになった。

定年後、嘱託記者として再雇用されても、どのような仕事を担当するのかはわからない。55歳を過ぎてからは部長職待遇でなくなったうえ、嘱託記者ではさらに給与が下がることもわかっていた。

一方、50代で走ることを始め、ハーフマラソンやフルマラソン、時には柴又100キロウルトラマラソンも完走した。体のコンディションはよく、「まだまだやれる」気力があった。しかも17歳年下の妻との間に、55歳で授かった子どもがいる。自分が65歳になったとき、子どもはまだ小学生だ。

「人生は長い。65歳まで再雇用されたとして、そのあと何をして過ごすのか。朝からコーヒーショップ? 図書館? 僕はみじんもそんな毎日は考えられなかった」

65歳になった時点で、新聞記者のキャリアを生かせる新しい仕事は想像がつかなかった。でも何かしら仕事は続けたい。それなら65歳を待たず、体力も気力もあるうちに新しい挑戦をしたほうがいいのではないか。論説委員は自分のカラーを出しつつ、十分やった実感はある。「そろそろ若い人に譲ってもいいのでは」。いつまでも居座るつもりはなかった。

次ページ「なぜ本屋を選んだのか?」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT