コンサルへの転職、それほど甘くないですよ

次はコンサルになりたいのですが・・・

コンサルという仕事をするにあたって、基礎スキルを獲得するなどの行動ができていたか否か。それによって、その方の仕事に対するスタンスが垣間見えるものです。あこがれだけで何かしらの基礎知識が身に付くわけではないため、準備という意味では現在やっている仕事以外のことにも気を配るようにしてください。

余談ですが、事業会社出身者がコンサルに転職する場合、いったんビジネススクールなどに通ってから応募されることが多い理由は、このあたりの基礎スキルを学んでから、という方が多いためです。

PCソフトについても勉強をしておきましょう

加えて、一歩下がった感のある領域ですが、エクセルやパワーポイントといったオフィスソフト系のスキルも重要です。

実はこれらは、異業種からの転職組が苦戦するケースが多いのです。決して仕事の本質ではないのですが、重要な仕事のツールのため、きちんと操作できるか否かで作業時間に大きな差が出ます。そういったツール系であれば、独学でもある程度は身に付くでしょう。そういった本や参考書もいろいろと出されていますから、ご自身にとってしっくりくるものを活用しつつ準備してください。

いろいろと書いてきましたが、まずはコンサルという仕事を考えた際に、どんな仕事上の経験や実績であれば準備となりうるかを考えましょう。そして、仕事では学べないけれども大切なスキルとは何かを考え、それについてはきちんと勉強をしましょう。

仕事を始めたばかりで大変かとは思いますが、目標に対して真剣であれば、どんな苦労も乗り越えられるはずです。夢の実現に向かって、一歩一歩前進されることを応援しています。

 

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT