1人で8億円稼ぐ!超カリスマ添乗員の素顔

「適材不適所」配属から、なぜ大逆転できた?

会社や上司に不平不満を抱えていながら表には出さず、飲み屋で管を巻く会社員は少なくないだろう。しかし、「文句を言うぐらいなら実際にやってみたらいい」と考えるのが平田さんだ。

臥薪嘗胆の末、西日本営業部に異動した平田さんは「人前でしゃべるのが大好き」という自分の特技を活かしたオリジナルの旅行を企画しようと一念発起した。行き帰りのバスでも、宴会場でも、ツアー参加者に終始楽しんでもらえるお笑い旅行を発案したのだ。

「最初は『面白い旅行があるから来てください』と直接お客様を説得しました。するとそのお客様から『ホンマに面白いんか? 面白なかったらおカネ返してもらうで』と言われながら、それでもなんとか旅行に参加していただいていました」

8億円ブランドへの道

約束した以上、本当に面白くしなければならない。平田さんは一心不乱に旅行を盛り上げる努力をした。「行き帰りのバスではずーっとしゃべって、まるで『綾小路きみまろ』でした。宴会場では捨て身になって女装でパフォーマンスをして。お客様に大笑いしてもらうことができました」

すると参加者からある一言が返ってきた。「あんた、そこまでやるか?」。その成功体験が平田さんのオリジナル・ブランド「平田進也と行くツアー!」を生むきっかけになったのである。

ごく小規模に始まった平田さんのブランド。いかにして8億円ブランドへと歩みを進めていったのだろうか。平田さんは、「重要なのは、ギブ&ギブ、それも無欲のギブです。お客様を喜ばせたいと無心になったとき、利益利潤は降ってくるものです」と語る。

化粧にも抜かりのないエルサでお客様と記念撮影

たとえば、観光ピークは夏場と言われている隠岐の島での冬旅だ。冬の日本海では身の引き締まったぷりっぷりのカニやアワビを食べることができることに目を付け、とっておきのご馳走を楽しんでいただける冬の隠岐レストランツアーを企画したのである。

旅先ではいつも、頭と体をフル稼働させる。隠岐に行けばカニの被り物をつけてカニ踊りをする。顔まで赤く塗るのも忘れない。『冬のソナタ』がはやればヨン様に扮し、『アナと雪の女王』が社会現象になればエルサの女装で踊る。

平田さんのツアーは決して安くないが、中身のサービスを考えると“お値打ち感”がある。ほかにはマネすることができない旅企画が評判を呼び、口コミが拡散。やがて平田さんが企画するツアーに顧客が殺到するようになっていったのだ。

次ページ築いたブランドは、こうやって守る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT