1人で8億円稼ぐ!超カリスマ添乗員の素顔

「適材不適所」配属から、なぜ大逆転できた?

平田 進也●日本旅行「おもしろ旅企画ヒラタ屋」代表。1957年、奈良県生まれ。京都外国語大学在学時からテレビ番組「ラブアタック! 」の名物みじめアタッカーとして活躍。日本旅行入社後も「探偵! ナイトスクープ」などテレビ出演多数。添乗員としての豊富な経験や変身芸を生かした「平田進也と行くツアー」は、発売するとすぐに売り切れる。ファンクラブ『ヒラタ屋倶楽部』の会員数は約2万人! 著書に『カリスマ添乗員が教える人を虜にする極意』(KADOKAWA)。

「昔から人の前に出てしゃべって笑いをとるのが大好きな人間でした」。そう言う平田さんは、大学時代に「超」がつく人気テレビ番組『ラブアタック!』のオーディションに参加する。

『ラブアタック!』は、美人女子大生に告白できるアタック権をめぐって、毎回5人の男子大学生アタッカーがいろいろなゲームで競い合うバラエティ番組だ。平田さんは大学生アタッカーとして、当時過去最多に近い27回の番組出演を果たした。

そんな笑いのセミプロとも言える平田さん、入社面接でも独自のユーモアが功を奏したようだ。「会社に入った後、入社面接を担当していただいた方から『ほかに頭のええやつはおったけど、あんたがいちばんおもしろかった。あんたが来てくれるのが楽しみやった。笑いとイベント性で日本旅行に貢献してくれ』と言われました。今でもそのときのことに感謝して、日本旅行で働いています」

入社後平田さんは兵庫県伊丹支店に配属され、9年間営業に従事。会社に入ってからも時折テレビ番組に出演しながら、ご機嫌な会社員生活を送っていた。

「適材不適所」への異動

しかし、人生はそんなに甘くない。入社10年目にして転勤した先は、日本旅行の海外旅行ブランド「MACH(マッハ)」を取り扱う部門。海外ツアーの催行・管理、ホテルの予約など、支店や代理店から入ってきた予約を一括して書面にまとめ、現地にファックスで流すという、ゴリゴリの事務処理中心部門だった。

「しゃべるのは得意やけど、パソコンの前に座ってキーボードを打つという自分がいちばん不得意な仕事をやっていました。年下の後輩が1時間で終わらせる仕事を、自分は2時間3時間かかっても終わらせられない。振り返れば、この時代が人生における氷河期で、ホンマに辛くて、何度も会社を辞めたいと思いました」

「適材適所」とは真逆の「適材不適所」に置かれながら、平田さんはめげなかった。「誰でもどん底に突き落とされるときはあります。そんなとき僕は『ナニクソー! 必ず挽回してやろう!』と思ってやってきました」

9年間という苦悩の時期を乗り越え、ついに奈落の底から這い上がった平田さんは反転攻勢に打って出る。

次ページ平田ブランドが生まれた瞬間
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT