ネスレ、17万人の"コーヒー大使"を率いる男

オフィスで「バリスタ」が市民権を得るまで

(撮影:今井康一)
「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。

 

ロボットのようにルーチン・ワークを繰り返す毎日。会社や上司は下積み経験が大切だと言うけれど、このまま苦行に耐えながら貴重な人生をすり減らしていくのだろうか……。

そんな悩みを抱える若手諸君、君は今「口だけで既存のやり方を否定する人」になるのか、「頭と体を使って新しいやり方を提案する人」になるのかの分岐点にいると言える。無論、リスクをとらずに先人の功績を批判するだけの人になっていいはずがない。

そこで今日は、小さな行動を積み重ねることで大きな変化を起こしてきた変人をご紹介しよう。

17万人を1つのチームに

おいしいコーヒーと笑顔を届けたい。ネスレ日本という企業と思いを共にし、無料で貸与された本格コーヒーマシンを通じて職場に「ネスカフェ」を提供する人たちがいる。その名も「ネスカフェ アンバサダー(大使)」。現在、全国におよそ17万人いるが、ネスレ日本は、2020年までにこれを50万人に拡大する目標を持っている。

企業と消費者が一体となって製品・サービスを供給する異例の取り組みは、2014年度の日本マーケティング大賞を受賞。ネスレ日本社長兼CEOの高岡浩三氏と共に、ネスカフェ アンバサダーという1つのチームをつくるプロジェクトを主導してきた人物が、今回の主役、津田匡保だ。

今やマスコミにも多数取り上げられ、ネスレ日本のこれらの取り組みについて目を輝かせながら話す津田さんだが、20年前の「あの出来事」がなければ、この場にいることはなかったと言う。

次ページ人生を変えた一杯のコーヒー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。