1人で8億円稼ぐ!超カリスマ添乗員の素顔

「適材不適所」配属から、なぜ大逆転できた?

しかし、築いてきたブランドが危険にさらされるときもある。平田さんという「出る杭」の上には、社内外から幾度となく「嫉妬のハンマー」が振りかざされた。しかし、同調圧力に屈して周囲と同じように均されてしまえば、地道に積み上げてきた努力は水の泡。だからそんなとき、平田さんはいつもファイティング・ポーズをとってきた。

「会社員には闘わなければならないときがあるのです。闘わへんかったらナメられます。ただし、間違えたらあかんのは、喧嘩をするということではないのです」。平田さんは拳を交えるのではなく、後ろに立って声援を送ってくれる大勢のサポーターを味方につける。

「大切なのは、どれだけお客様から支持してもらっているかという実績を、会社や上司にわかってもらうことです。お客様に認めてもらって『もしこの人に何かあったら黙ってへんで』という応援団をつけておくことが大切なのです。

出る杭は打たれますが、出過ぎた杭は打たれません。“出る杭”になって悩むことがあるとすれば、もうひと踏ん張りして“出過ぎた杭”になることが最良の打開策になるのです」

昇進しても、定年したらただの「おじさん」

会社や上司に対し、怖じ気づく様子のない平田さん。出世や昇進にマイナスの影響が出るリスクを恐れたことはないのだろうか。

「長く会社にいると、昇進だけしか見られなくなる人もいます。せやけど、定年で『社長』や『部長』という役職がなくなったら、単なる『おじさん』や『おばさん』です。どれだけ人と人との関係を築いて孤独ではない人生を送れるかを大切に思っています」

サラリーマンは所詮会社の歯車。自分はもっと自由で、個性を活かせる仕事がしたい――。そう言って会社を去っていく人もいるが、「会社のせいで自分のブランドを築くことができない」と嘆く人は、大抵、会社を辞めても自分のブランドなどつくれない。

平田さんは会社から実績を買われ、ついに「おもしろ旅企画 ヒラタ屋」という独立した屋号を獲得、現在はその代表を勤めている。まさに辞めなくても自分次第でやりたいことができると証明してくれているように思う。

次ページあの人気司会者から「一緒に辞めよう」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT