1人で8億円稼ぐ!超カリスマ添乗員の素顔

「適材不適所」配属から、なぜ大逆転できた?

「親友の(テレビ番組の人気司会者)宮根誠司さんから『一緒に(会社を)辞めよう』と声を掛けられたことがあります。僕が『辞めへん』って言うたら、宮根さんからは『平田さん、意気地なしやな~』と言われました(笑)。

せやけど、天狗になって自分の力を過大評価したらあかんと思うんです。会社にいながらでも、本人次第で自分のやりたいことはできるんです」

最後に、もがきながらも志を実現しようと頑張っている“社内龍馬”たちに、平田さんがエールを送ってくれた。

「出る杭になって叩かれてダウンしている人はたくさんいると思います。ですが、いったん頑張りたいと思って入った会社で夢破れて辞めることほど悲惨なことはない。自分の生き様を貫いてくだい。やるのではなくて、やりきってください。

上司に褒められることは嬉しいことですが、そんなものより、お客様からの感謝の言葉が我々を大きくしてくれます。私たちが見るべきものは、“上司の顔色”ではなく、“お客様の笑顔”なのです」

多くの社内変人に会ってきて思うのは、変人は皆「視点」の変え方が上手いということだ。「会社」を逆さまに読めば「社会」になる。もっと視野を広げて「社会」を見つめれば、「会社」でも萎縮しないでやりがいのある仕事ができるようになる。平田さんは、そう教えてくれたように思う。

さて、次回の変人さんは?

さて、次回の変人さんは、飲料業界では超有名なあの外資系企業の「敏腕マーケッター」だ。

スタートしたときは弱小だったチームが、どのようにして日本だけでなく世界が注目するイノベーションを実現させたのか。その秘密を、余すところなくご紹介したい。

合い言葉は、変人ウォッチ!

※ 次回の掲載は5月1日(金)の予定です。お楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT