「"子ども同士"の性被害」親に言えない深刻な事情 「子ども同士のいたずら」と流され、傷つく子も

拡大
縮小
子どもの性被害
「子ども同士のいたずら」「男の子だから仕方ない」などと片付けていませんか(写真:keyphoto/PIXTA)
幼稚園や保育所で、わが子がほかの子から性的ないじめを受けたと知ったらどう対処するか。子ども同士のスカートめくりや性的なからかいも性被害だ。「子どものいたずらでしょ」と流してしまうのは危険だという。なぜなら被害を受けた側は大人になっても恐怖や羞恥心を忘れられず、トラウマになってしまうケースもあるからだ。
漫画家の“ゆっぺさん”による『5歳の私は、クラスの男子から性被害を受けました。~なんで言わないの?~』(扶桑社)は体験記である。長女が受けた被害をきっかけとし、30年以上前に自身が幼稚園で体験したことを描いている。心情を深く掘り下げた内容は反響を呼び、ブログでの連載時には「私も(#me too)」というコメントが相次いだ。子どもが性被害を受けたら、保護者はどのようにそれを察し、対処すればよいのか。

「好きな子には意地悪しちゃうものなんだよ」

漫画のストーリーはこうだ。田舎町で3世代同居家族の「おばあちゃん子」として育ったゆっぺさんは3歳で祖父母と離れ、両親・双子の妹とともに都市部へ引っ越す。5歳から通い始めた幼稚園で、いじめっ子男児から性被害を受けた。最初は弁当にゴミを入れるなどの「嫌がらせ」だったが次第にエスカレートし、お昼寝の時間に下着の中へ手を入れられた。

ゆっぺさんはまず、「恥ずかしいことをされている自分を周りに知られたくない」と思ったそうだ。一方で母親や先生に訴え、男児に加害をやめさせてほしいという気持ちは、ずっとあった。しかし、「自分が言いつけることで加害者が罰を受けるかもしれない」と思い、沈黙を続けた。

ゆっぺさんは漫画を描きながら当時の葛藤を思い出し、涙が止まらなくなったという。幼い頃は「大人の顔色を見てしまう聞き分けの良い子」で、母親とは信頼関係があったものの、心配させたくない気持ちが強かった。「自分が我慢すれば、何ごともなく過ぎていく」と言い聞かせたと話す。

次ページ激高した先生が恐ろしい罰を…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT