慶大生が「性的同意」ハンドブックを作った理由

キャンパス内で起こっている性暴力を問題視

「性的同意ハンドブック」を作った、慶應大学の学生団体「セイフ・キャンパス」のメンバーたち。鈴木稜氏、佐久川姫奈氏、佐保田美和氏、出井希氏(撮影:梅谷 秀司)

「性的同意」という言葉を知っているだろうか? それはボディタッチから性的な言葉がけ、セックスまで、あらゆる性的言動について、事前に確認されるべき意思を指す。本来、性的言動への参加にはお互いの積極的な意思が必要。モヤモヤした不快感が残るのは、もしかすると不本意だったのに雰囲気に流され、嫌と言えなかったからかもしれない。嫌という意思を示せない雰囲気に持っていくことは、相手への精神的な暴力である。

そんな性的同意に関するハンドブックを作った学生たちがいる。慶應大学の学生団体「セイフ・キャンパス」のメンバーたちだ。同団体は一般社団法人ボイス・アップ・ジャパン慶應支部と共同(メンバーはこちらにも所属)で、「同意がない性的言動は性暴力です」と明記した『性的同意ハンドブック慶應』を3月1日に発行した。ネット上で誰でもダウンロードできる。

約2割が不快な性的な話などを経験

ハンドブックには、解説や学内の相談場所のほか、セイフ・キャンパスが2020年9月10日から1カ月間、学生、職員、卒業生の慶應大学関係者に実施した性暴力に関するアンケート結果が掲載されている。

それによると、「不快な性的なジョークや性に関する話をされた経験」がある人は19.7%、「第三者に対し『セクハラや性暴力を受けているのではないか』と思った経験」がある人も18.9%と、およそ5人に1人が体験している。先輩後輩と知人の学生同士の間で発生しやすく、飲み会の場で発生することが多い。

学生たちがハンドブックを発行した背景には、キャンパス内で性暴力が頻発しているにもかかわらず、性的同意に関する認識が低い実態があるという。

次ページ「サークル内でセクハラはたくさん起こっている」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT