慶大生が「性的同意」ハンドブックを作った理由 キャンパス内で起こっている性暴力を問題視

拡大
縮小
「性的同意ハンドブック」を作った、慶應大学の学生団体「セイフ・キャンパス」のメンバーたち。鈴木稜氏、佐久川姫奈氏、佐保田美和氏、出井希氏(撮影:梅谷 秀司)

「性的同意」という言葉を知っているだろうか? それはボディタッチから性的な言葉がけ、セックスまで、あらゆる性的言動について、事前に確認されるべき意思を指す。本来、性的言動への参加にはお互いの積極的な意思が必要。モヤモヤした不快感が残るのは、もしかすると不本意だったのに雰囲気に流され、嫌と言えなかったからかもしれない。嫌という意思を示せない雰囲気に持っていくことは、相手への精神的な暴力である。

そんな性的同意に関するハンドブックを作った学生たちがいる。慶應大学の学生団体「セイフ・キャンパス」のメンバーたちだ。同団体は一般社団法人ボイス・アップ・ジャパン慶應支部と共同(メンバーはこちらにも所属)で、「同意がない性的言動は性暴力です」と明記した『性的同意ハンドブック慶應』を3月1日に発行した。ネット上で誰でもダウンロードできる。

約2割が不快な性的な話などを経験

ハンドブックには、解説や学内の相談場所のほか、セイフ・キャンパスが2020年9月10日から1カ月間、学生、職員、卒業生の慶應大学関係者に実施した性暴力に関するアンケート結果が掲載されている。

それによると、「不快な性的なジョークや性に関する話をされた経験」がある人は19.7%、「第三者に対し『セクハラや性暴力を受けているのではないか』と思った経験」がある人も18.9%と、およそ5人に1人が体験している。先輩後輩と知人の学生同士の間で発生しやすく、飲み会の場で発生することが多い。

学生たちがハンドブックを発行した背景には、キャンパス内で性暴力が頻発しているにもかかわらず、性的同意に関する認識が低い実態があるという。

次ページ「サークル内でセクハラはたくさん起こっている」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT