W杯サッカー初の女性審判「山下良美」が開いた道 「もともと審判になる選択肢は頭になかった」

拡大
縮小
プロフェッショナルレフェリーの山下良美さん(撮影: Hiroki Watanabe)
この記事の画像を見る(6枚)

2021年5月、サッカー・Jリーグで初めて主審(※)として女性がピッチに立ち話題になった。

(※)審判の中で最も大きな権限があり、競技規則の範囲における全ての権限を有する人

プロフェッショナルレフェリーの山下良美さん。22年11月開幕のFIFAワールドカップカタール大会では、唯一の日本人審判員として参加する予定だ。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

幼い頃からサッカーのプレーヤーとして活躍してきた山下さんは、「もともと審判になる選択肢は頭になかった」と明かす。

なぜそんな彼女が、日本人女性として初のプロフェッショナルレフェリーになれたのか。「一人目の人」へと山下さんを導いたものは何なのかを探った。

「審判やってみない?」

山下さんが主審として初めてJリーグのピッチに立ったのは、21年5月のJ3・Y.S.C.C横浜-テゲバジャーロ宮崎。誕生から29年目を迎えたJリーグの試合で、女性主審として初めてピッチに立った。

山下さん:幼い頃からサッカーをやってきて、Jリーグの開幕もテレビで見ていました。そのピッチに自分が立つことができて、とても感慨深かったです。

また、喜びと同時に山下さんが感じたのは、大きなプレッシャーだった。

山下さん:今回たまたま私がJリーグで初めて主審を務めることになりましたが、そういう道が開けたのは、これまで女性審判員の皆さんが築いてきたものがあったからだと思っています。

ですから、自分がここでこの道を閉ざしてはいけない。次にバトンを渡さなければいけないと思うと気が引き締まりました。

山下さんがプロ審判への道を歩み始めたのは13年前。同じ大学の先輩で、審判員として活躍していた坊薗真琴さんの“勧誘”がきっかけだった。

次ページ「あなたも審判をやってみれば?」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT