「気にし過ぎ」アラサー女子に志茂田景樹が助言

ツイッター相談を通じて彼女たちに思うこと

志茂田景樹さん 1940年生まれ。小説『黄色い牙』で直木賞を受賞後、作家活動のほか、タレント活動、ファッションモデル、教育講演など多方面で活躍。近年は家庭における童話・絵本の読み聞かせの必要性を痛感し、『よい子に読み聞かせ隊』を結成。読み聞かせ隊長として、ボランティアメンバーとともに全国で活動を行っている(写真:Woman type)

志茂田景樹さんのTwitterアカウントが、悩める数多くの人々から支持を集めている。

Twitter相談を始める原点

志茂田さんがTwitterを始めたのは、2010年のこと。ある時にふと、「日頃考えている疑問や悩みは、他の人ともある程度共通するものがあるんじゃないか」と思ったことが、Twitter相談を始める原点となった。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

「深刻な悩みもあれば、些細な悩みもあるんですけど、共通するものがあるのであれば、皆さんの反応が知りたいと思いました。作家的好奇心ですね。

それで自分の考えをつぶやいてみたら、意外と多くの人から反応があったんです。やっぱり人って、それぞれ悩みを抱えていて、時には立ち止まってしまうものなんだなぁと感じました。それならばと、これまで自分が体験してきたことを振り返って、時には質問に答えて……とやっていたら、いつの間にか悩み相談のツイートが増えたんです」

40万人を超えるフォロワーからは、さまざまな悩みが「どのくらいきているのか分からない」ほど寄せられているという。今ではほとんど毎日、フォロワーからの相談に答えている志茂田さん。そんな悩み相談を通じて、20〜30代女性に対して思うことを聞いてみた。

次ページ特に多い悩みは、家族関係
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。