奥手女子も辞さない非本命男「キープ」の実態

草食系の知られざる結婚観を根掘り葉掘り!

本命ではない相手なのに、保険をかけて交友関係を続けることを”キープ”と言います。今回、アラサー女性の”キープ”の実態を調査したところ、恋愛に積極的な女性の場合は半数近くが、消極的な女性でも4人に1人は経験があることが判明しました(写真:NOBU / PIXTA)
恋愛に消極的・受動的な「草食系」が増えている、と言われて久しい現在。実際のところ、彼らの恋愛・結婚に関する意識や実態はいかなるものなのでしょうか。
明治安田生活福祉研究所が行った「男女交際・結婚に関する意識調査」において、恋愛・男女交際へのスタンスごとに全国の15~34歳を対象とした恋愛・男女交際の意識と実態を探ってみたところ、草食系の知られざる実態が明らかになってきました。
★「草食系」に関する調査の前編:若者にとって「草食男子」はむしろ褒め言葉だ
※なお、本記事における「草食系」とは、恋愛・男女交際に消極・受動的なスタンスのことを指します。

草食系男子の4割が交際経験ゼロ

未婚者に対して、中学生以降の交際経験を尋ねたところ、「0人」と回答した割合は、男性の場合は「恋愛・男女交際に積極・能動的」で11.0%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」で41.4%、「恋愛・男女交際に興味がない」で71.1%でした。女性は「恋愛・男女交際に積極・能動的」が7.2%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」が28.8%、「恋愛・男女交際に興味がない」が61.1%となっています。

男女ともに恋愛・男女交際に積極的な人ほど、交際を経験した人数も多く、「恋愛・男女交際に積極・能動的」な人において、5人以上と交際した経験のある人の割合は男女ともに約3人に1人となっています。

次ページ恋人が欲しいかを質問したところ…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT