奥手女子も辞さない非本命男「キープ」の実態

草食系の知られざる結婚観を根掘り葉掘り!

さて、次に25~34歳のいわゆる“アラサー”男女に対して、交際と結婚の関係をどのように考えるかを聞きました(恋愛・男女交際へのスタンスについては、既婚者は結婚前の意識について回答。以下同じ)。すると、「恋愛・男女交際に消極・受動的」のうちで「結婚したいと思える人としか交際しない」割合は男女ともに約2割(男性19.6%・女性17.4%)で、「恋愛・男女交際に興味がない」についてはさらに高く、男性35.4%・女性30.7%となっています。彼らは、恋愛とはあくまで結婚相手を選ぶために行うものだと考えているのかもしれません。

草食系女子の4人に1人は「キープ」の経験がある!?

さらに踏みこんで、異性の“キープ”事情について見ていきましょう。25~34歳の男女に対して、結婚相手として本命ではない異性と交友関係を維持(キープ)している・したことがあるかをたずねたところ、「している(したことがある)」と回答した割合は、男性の「恋愛・男女交際に積極・能動的」で45.6%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」で17.5%、「恋愛・男女交際に興味がない」で9.3%。女性では「恋愛・男女交際に積極・能動的」で43.8%、「恋愛・男女交際に消極・受動的」で24.9%、「恋愛・男女交際に興味がない」で13.7%となっています。

以上の結果を踏まえれば、「恋愛・男女交際に積極・能動的」な人のうち、キープ経験のある割合は男女ともに半数近くに上り、「恋愛・男女交際に消極・受動的」「恋愛・男女交際に興味がない」人に比べてかなり高くなっています。ただ、興味深いのは、“草食系”であっても男性で2割弱、女性に至っては4人に1人はキープの経験があることです。

次ページ積極的になれない人は現状をどう思っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。