奥手女子も辞さない非本命男「キープ」の実態

草食系の知られざる結婚観を根掘り葉掘り!

それでは、恋人がおらず、恋愛・男女交際にも積極的になれない人・興味がない人たちは、自身の現状をどう考えているのでしょうか。

今の自分を肯定しているワケではない

「恋愛・男女交際に消極・受動的」または「恋愛・男女交際に興味がない」人に対して、恋愛・男女交際に関する自身の現状をどう考えるかたずねたところ、「情けない・嫌だ」と思っているのは、「恋愛・男女交際に消極・受動的」な男性で72.3%と、「恋愛・男女交際に興味がない」男性の27.5%より44.8ポイント高くなっています。女性も同様に、「恋愛・男女交際に消極・受動的」な女性は75.9%で、「恋愛・男女交際に興味がない」女性の39.2%より36.7ポイント高くなっています。

前述のように、恋人がいない「恋愛・男女交際に消極・受動的」な人のうち、恋人を欲しいと思う割合は男性7割・女性8割でした。恋人が欲しいと思う気持ちからなのでしょうか、「恋愛・男女交際に消極・受動的」でも男女交際における自分の現状については不満な人が多いようです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。