若者にとって「草食男子」はむしろ褒め言葉だ

恋愛への積極性は結婚にどう影響している?

草食系男子のイメージは、決してネガティブなものばかりではありません(写真:kikuo / PIXTA)

「草食系」という言葉がよく使われるようになって久しい今、現代の若者の恋愛・男女交際への意識には、どのような傾向が見られるのでしょうか。明治安田生活福祉研究所が行った「男女交際・結婚に関する意識調査」の結果から、全国の15~34歳の恋愛・結婚に関する意識や実態について、恋愛・男女交際へのスタンスごとの傾向という視点でご紹介します。なお、本稿の「草食系」とは、「恋愛・男女交際に消極的・受動的」なスタンスを指します。

草食系男子はむしろポジティブなイメージ

まず、現代の若者は、恋愛・男女交際に「消極・受動的」なスタンスの男性、いわゆる「草食系男子」に対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか。

草食系男子のイメージとしてあてはまるものを尋ねたところ、男女とも各年齢層で最も高い割合になったのは「ガツガツしていない」で、半数以上が挙げています。次いで、「デートに誘わない・告白しない」「異性と話すのが苦手」などが続きます。また、女性のほうが「頼りない」イメージを持つ人の割合が高くなっています。女性では年齢が上がるにつれ、「デートに誘わない・告白しない」「傷つきやすい」「恋愛以外のことで満たされている」の割合が高くなります。「異性と話すのが苦手」は男女共に年齢が上がるにつれ、割合が目立って低くなります。

以上の傾向を踏まえると、「草食系男子」という言葉には、恋愛に奥手というネガティブなイメージよりも、ガツガツしすぎていないという、どちらかといえば肯定的なイメージを持つ人が男女共に多いようです。

次ページ「草食系」はいったい何割?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT