凄すぎる!シンガポールの「メイド大国」事情

産後4カ月で復職するママたちの「秘密」

シンガポールの母親たちは、なぜ産後4カ月で仕事に復帰できるのだろうか?(写真:Atsu94 / PIXTA)

「シンガポールのママたちは、産後4カ月で仕事に復帰するよ」。友人のシンガポール人から聞いたときは衝撃を受けた。

その話を聞いた時、私はまさに産後4カ月。夫の仕事の都合で日本を離れ、シンガポールで出産。異国の地での慣れない子育てに心身ともにヘトヘトになっていた。

産後4カ月といえば、出産疲れが抜けきらず、子どもは首が座るか否かのデリケートな時期。数時間おきの夜中の授乳が続き、睡眠不足で日中も朦朧としていたりする。

そんな育児と並行して、容赦なく降りかかってくる家事労働。想像を絶する家庭内ダブルワークに、心が折れそうになる母親も少なくない。いったいシンガポールの母親たちは、なぜそんな時期に、いち早く仕事復帰ができるのだろうか。

シンガポール女性はなぜ活躍できるのか?

シンガポール女性の活躍は「4カ月での仕事復帰」が大きなポイントか?

シンガポール政府が規定する産前・産後の休暇は、生まれてくる子どもがシンガポール人の場合は16週間(約4カ月)、日本人を始めとする外国人の場合は12週間(約3カ月)である。規定された休暇でさえ短く感じるが、中には2カ月で復帰する人もいるという。

産後4カ月で復帰することと、女性の活躍度の関連は直接的には証明できないが、事実として、シンガポール女性は確かに日本人女性に比べて活躍をしている。

次ページ短期間での復職を可能とする6つのキーワード
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT