「気にし過ぎ」アラサー女子に志茂田景樹が助言

ツイッター相談を通じて彼女たちに思うこと

僕が10〜20代の頃は、貧困と並んで結核なんかの病気が若い人にとっても大きな問題で、病気の悩みを抱えている人がたくさんいました。一方で、今の若い人の悩みは、8割以上が心の悩みです。うつ病とまではいかないけれど、心のリズムを失っている人がたくさんいる。

そういう自分の状態を誰にも相談できない人が多いみたいで、僕のTwitterに相談がくるんですね。こういう“うつ予備軍”の人たちは、悩みをいつまでも心に引っ掛けたまま、自分で自分をうつ病にしてしまう傾向があるように思います。

小さな波風だったら、起こしたっていいじゃないの

特にアラサーの女性は、「心地良くいたいから、波風を立たせないように上手くやろう」と、いろいろ我慢してしまっているんでしょうね。でも、周りの人には自分の考えを言葉ではっきり伝えた方が、本当はいいと思います。「言わなくても分かってくれるだろう」って言外に求めているけれど、それは非常に身勝手です。

もうちょっと率直になった方が、暮らしやすくなると思いますよ。少々の波風はすぐに収まりますから。それに、「多少の波風が立った方が、むしろお互いを早く理解できる」ということは、意識したらいいんじゃないですか。今の人は意識しないと、言いたいことが言えないみたいですから。

不満や反感は、大きくなる前に、波風立てて解決させちゃえばいいんです。そうすれば、大火事にはなりません。ボヤで済みます。小さな傷っていうのは耐えられるものですし、耐えているうちに、いい意味で打たれ強くなるんです。

「目が逆なことも、気にしない」(写真:Woman type)

でも女性たちは、「自分が火元になりたくない」っていう気持ちが非常に強いのでしょうが、炎が収まり切らない大きさになってから、初めて人にぶつけるんです。自分の心の中で炎を大きくしてしまうんですね。そういう気持ちのぶつけ合いって、憎しみ合いに近くなってしまうんですよ。

先ほども申し上げましたけれども、今の人はいろんな面で気にし過ぎ。「小さな波風だったら起こしたっていい」ぐらいの気持ちが、今の世の中を生きるにはちょうどいいんじゃないでしょうか?

(取材・文・構成/天野夏海 撮影/竹井俊晴 企画・編集/栗原千明(編集部))

Woman typeの関連記事
“南極ではたらく母ちゃん”渡貫淳子さんの縛られない生き方「ママだから・女だから」でも、やりたいことは諦めない
【ハヤカワ五味】「なぜ可愛いナプキン使うしかないんだろう」生理用品開発に乗り出した理由
あたしたちよくやってる。小説家・山内マリコが“若さという檻”に閉じ込められている20代女性へ送るメッセージ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。