「日本vsコスタリカ戦」プロはこう見る、驚く3視点 勝機は?「プロの観戦術」で俄然、面白くなる!

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

「相手の目線」を引きつけるという駆け引きに関して、ほかにも「日本が得意にしている形」がある

ドリブルで縦に行くと見せかけたり、パスを横方向に出すフリをしたりして、「突然、斜め方向にパスを出す」というプレーだ。

【ポイント3】「対角線のパス」で、相手の背後を取れるか

たとえば、堂安が右サイドでボールを持ったとしよう。

その瞬間、相馬が左サイドから斜めにゴール前に走り込む。そして堂安が左足で斜めにクロスを送り込む。

いわば「斜めの走り(ダイアゴナルラン)」×「斜めのパス(ダイアゴナルパス)」。相手は両方を同時に見るのは難しく、混乱が生まれやすい。

実はこれは日本だけでなく、多くのチームが採用している攻撃だ。日本対ドイツでは、まさにこの「対角線のパス」によって、左サイドバックのダヴィド・ラウムがペナルティエリアに侵入し、ドイツはPKを獲得した

定番の攻撃だけに、どのチームも警戒しているということだ。工夫せずにやるだけだと簡単に防がれてしまう。

そこで欠かせないのが、ほかの選手がオトリになることだ。

三笘の「飛び道具」は、なるべく温存しておきたい

たとえば堂安がボールを持ったときに、上田がパスを受けようとして堂安に近づき、同時に南野はボールに近い側の裏へ飛び出す。そうすれば相馬の「ダイアゴナルラン」が見つかりづらくなる。

「対角線のパス」という手品を成功させるには、相手の気をほかに引きつけなければならないのだ。

日本には三笘薫のドリブルという「飛び道具」もあるが、この先の戦いを考えると、なるべくそれは温存しておきたい

「幅」を使いこなし、サイドバックが「ジョーカー」となって、さらに「対角線のパス」で揺さぶる

日本の選手たちの攻撃力を考えれば、必ずや2連勝できるはずだ。

この記事の画像を見る(5枚)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT