「日本vsコスタリカ戦」プロはこう見る、驚く3視点 勝機は?「プロの観戦術」で俄然、面白くなる!

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
「日本vsコスタリカ戦」あなたもこれで「プロの観戦術」ができる!(図表:木崎伸也『サッカーの見方は1日で変えられる』より)
日本はW杯初戦でドイツに歴史的な勝利を収めたが、当然ながらグループステージ突破が決まったわけではなく、まだまだ油断できない状況だ。今晩、第2戦で対戦するコスタリカは日本にとって一筋縄ではいかない存在である。
ドイツ戦は日本が守る「リアクション」の展開だったが、コスタリカ戦は、日本が攻める「アクション」の展開になる。より求められるのは「攻撃の創造性」だ。
では、コスタリカ戦では、具体的に何がポイントになるのか?
今回も、サッカー本としては異例の5万部を超え、ロングセラーとなっている書籍『サッカーの見方は1日で変えられる』の特別版として、著者の木崎伸也氏が「日本vsコスタリカ戦、3つの観戦ポイント」を解説する。

戦力は日本が上。だけど日本が苦手な「曲者タイプ」

『サッカーの見方は1日で変えられる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

コスタリカの中でヨーロッパでプレーする選手はGKケイロル・ナバス(フランス1部・パリサンジェルマン)やMFジェウィソン・ベネット(イングランド2部・サンダーランド)ら4人のみ

一方、日本は26人中19人がヨーロッパでプレーしており、日本のほうが明らかに戦力は上だ。

しかし、コスタリカはW杯予選・大陸間プレーオフでニュージーランドに一方的に攻め込まれながらも1対0で勝利して、本大会出場を決めたチームである。

「しぶとい守りからカウンター」という戦い方を得意にしており、日本が苦手にしている「曲者タイプ」である。

次ページ1つめは「大原則」を実践できるか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT