日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」

月給3000万円、バカンスは1000人が同行

「王族狩り」を始めたムハンマド皇太子(写真右)と父親のサルマン国王(写真左)(写真:Saudi Press Agency/ロイター)

世界最大級の産油国サウジアラビアが王族の汚職疑惑に揺れている。不可侵とされてきた王族らが汚職疑惑で拘束されているのだ。サルマン・ビン・アブドルアジーズ国王の子息ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が率いる汚職対策委員会が4日、国王令で突如として創設され、王子11人、閣僚や元閣僚、資産家ら数十人が拘束された。凍結されたサウジ国内の銀行口座はすでに1700を超え、最終的に数百人が摘発される見通しとなっている。

王族の汚職は批判を集め、王子らの散財は国家財政の重荷になっており、国民はおおむね歓迎している。ただ、サウジ王族は約2万人にも上るといわれ、汚職の基準はあいまいで王族の散財は長年の慣行だ。

そこに突然振るわれた「大ナタ」は、ムハンマド皇太子が進める石油依存からの脱却を目指す経済改革に資するものだが、恣意的な政敵の排除に使われているとの指摘もある。次期国王の最有力候補である皇太子の独裁化や王族内部の不和を懸念する声も上がっている。

初代国王の子息には月給3000万円

サウジは1932年、アブドルアジーズ・イブン・サウードが勅令により建国を宣言し、初代国王に就任した。26人の妻との間に少なくとも36人の息子がおり、一夫多妻制によって王族はねずみ算式に増え、第6世代までに約2万人を数えるとの説もある。

そのうち影響力のある王族は約200人だ、とファイサル国王研究センターの上級研究員ジョセフ・ケシェシアン氏は話す。首都リヤドを走っていると、壮麗な王族の宮殿に出くわすこともしばしば。巨大な敷地にプールやテニスコートなどを備え、100を超す部屋があるという。

その資金はどこから出ているのか。王族の財布の中身をうかがい知る機会は少ないが、内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した駐サウジ米大使館の外交公電では、1996年時点で制度として石油売却益が王族に分配されている一端が明かされた。

米大使館が、王族に資金を分配するサウジ財務省の部局から得た情報では、アブドルアジーズ初代国王の子息には、月額20万〜27万ドル、孫には月額2万7000ドル、ひ孫には月額1万3000ドル、玄孫には月額8000ドル、遠戚には月額800ドルの固定給が支給されている。

次ページ南仏でのありえないバカンス
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。