サウジの王子が11人も「一斉逮捕」された事情

警察からは逮捕理由は一切発表されていない

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(写真中央)が一斉逮捕を命じた(写真:Tasneem Alsultan/The New York Times)

サウジアラビアで皇太子の命令によって行われた11月4日の一斉逮捕では、何十人もの影響力ある人々が拘束された。その中には、王子11人も含まれている。

逮捕はムハンマド・ビン・サルマン皇太子が命じたもので、逮捕容疑は明らかでなく、法的な手続きも取られていない。ただ、腐敗を取り締まるためと説明されている。この逮捕で、サウジアラビアの富豪で投資家のアルワリード・ビン・タラル王子や、皇太子の対抗勢力の中で最も力のあるムトイブ・ビン・アブドラ王子らも捕らえられた。ムトイブ王子はアブドラ前国王の息子だ。

王族メンバーは全員が出国禁止に

ムトイブ王子は逮捕のわずか数時間前に、国家警備隊担当相の職を解かれていた。今回の逮捕劇について調べている米国の政府関係者によると、王族のメンバーは全員が出国を禁じられているという。

ムハンマド皇太子は、サルマン・ビン・アブドルアジーズ国王のお気に入りの息子で、重要なアドバイザーでもある。今回のムトイブ王子の逮捕により、ムハンマド皇太子はサウジアラビアの安全保障関係の3つの主要組織、つまり国防、国家警備隊、内務省のすべてを掌握したと思われる。数十年の間、これらの組織はサウド王室の一族の間で分散してコントロールされ、力のバランスが保たれていた。

サウジの金融界で飛び抜けて有力なアルワリード王子が逮捕されたことで、国内のビジネスマンや王族はおびえている。また、ここ何週間かのあいだに有名な学者や聖職者らも逮捕されており、同業者らは皇太子の意思に背くと大変なことになると感じている。

以前はカフェで自由に話をしていた学者たちも、今では不安そうに周囲を見渡す。ムハンマド皇太子は、何世代もの統治者がなしえなかったような、強力な支配を実現したのだ。

次ページなぜ皇太子はいま動いたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT